バッテリーを消費する5大原因

朝からiPhoneを触っていると夕方まで持たなくて・・・
途中で圏外になってしまい、肝心なときに連絡が取れず喧嘩になった人もいらっしゃるようです。

だからと言って、せっかくのiPhoneを使わないっていうのも、少し違うかなって気がしますよね。

ちょっと気をつければ、大幅にバッテリーの持ちが良くなる方法をご紹介します。

1:Wi-Fiなどの通信機能をオフ

出典1banbo4撮影

Wi-FiやBluetoothなどの通信機能は、バッテリーを消費させる大きな原因です。
必要なとき以外は、オフにしておこう。

オン・オフを切り替えるには、「設定」→「Wi-Fi」と移動してWi-FiやBluetoothをオフにします。

これが、面倒くさい方は「コントロールセンター」を使うと便利です。

※コントロールセンターは、画面の下の方を指で上ににスワップすると表示されます。

下記の画像のように、オフの状態だとボタンの色が「黒」。
オンにすると「白」になります。

これを使えば、煩わしさも解消できますね。

出典1banbo4撮影

2:アプリの同時起動をやめる

出典1banbo4撮影

iPhoneのホームボタンを2回連続で押す(ダブルクリック)と起動しているアプリの一覧が表示されます。

アプリがたくさん起動しているとそれだけで、使用電力は増えてしまいます。
使い終わったアプリはすぐに終了するクセをつけましょう。

3:位置情報(GPS)をオフにする

出典1banbo4撮影

位置情報を常にオンにしていると、常時iPhoneが、現在の位置情報を確認するため、バッテリーの減りが早くなってしまいます。

必要なとき以外は、オフにしておくと持ちが良くなります。

「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をオフにできます。

4:バックライトの明るさを調整

出典1banbo4撮影

バックライトが明るければ明るいほどバッテリーの消耗は激しくなります。
暗すぎるのも、使用時に支障が出てきますが、支障が出ない程度に調整しましょう。

特に「明るさの自動調整」をオフにするが効果的です。

【変更方法】

「設定」→「画面表示と明るさ」→「明るさの自動調整」をオフにする。

5:Eメールの自動受信をオフ

出典1banbo4撮影

iPhoneのメールの受信方法には、2種類あるって知ってますか?

メールがサーバーへ届くとすぐにiPhoneにお知らせがくる「プッシュ」。
定期的に、メールが届いていないかを確認する「フェッチ」。

iCloudのメールやメッセージは全て「プッシュ」。
プッシュは、常にメールがきていないか確認しているためにバッテリーの減りはかなり早いことを覚えておこう。

いかがでしたでしょうか?
私も、iPhoneのバッテリーが1日持たないのでやっています。

Wi-FiやBluetoothを必要のないときに切っておくだけでもだいぶ違いますよ。

バッテリーの消耗に困っている方は、一度お試しください。

この記事を書いたユーザー

1banbo4 このユーザーの他の記事を見る

1981 年和歌⼭県田辺市に生まれる。

23 歳の時にパソコンスクール「 Pc house いちばん星」を起業。

開業後、スクールの運営をしながら、フリーのインストラクターとして、専⾨学校を始め各種講座を担当。

25 歳の時に独学でウェブの道へと進む。

現在では、ウェブクリエイターとして、クライアントのホームページをトータルプロデュースしている。

✳︎ブログ・サイト✳︎
・Pchouseいちばん星
http://pchouse-ichibanboshi.com

・和歌山発 エンタメプレゼン®マスタークラブ
https://1banbo4.themedia.jp

・あなたのための専門家、ホームページのお医者さん「いちばん星診療所」
http://1banbo4..com

・現役のWebクリエイター 浅山佳映子 が教えるこれが本当に使えるテクニック‼︎
http://ameblo.jp/1banbo4/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス