記事提供:長谷川豊 公式ブログ

ちょっと遅くなりました。安倍総理の戦後70年談話についての感想です。

皆さん、全文、読みました?私は今回の70年談話は高く評価します。安倍総理1人が考えた文章な訳はないですから、現在の官邸にはかなり優秀な人物が裏についているものと想像できます。

はっきり言って今までの中で断トツにいい談話であったことは確実です。

では、どこが良かったのか?新聞やテレビなどでは、的外れで「キーワードがどう」とか、全く的を射ていない情けない解説や論評が並びましたが、そんな低レベルの談話ではありませんし、内容を読み込めば、とても勉強にもなるし考えさせられる文章です。

それでも、分かりにくかった、という人がいるかもしれませんね。そういう人は、何があの文章に足りなくて、何に気を使ったのかを少し考えてみましょう。

安倍総理の談話は、当然、世界中に配信されますので。安倍総理は周辺にかなり気を配ってあの文章を作り上げています。そして、日本国内にも気を配っています。

では、簡単ではありますが、少し解説します。

まず、前段部分です。これは「戦争しました。そして、悲惨な戦争でしたね」って言ってるわけです。ほとんど読み飛ばしで大丈夫です。大事なの、ここじゃありませんので。

つづいて、「だから、もう戦争しちゃいけないよね。反省してきたし、それは態度でしっかり示してきたよね」って言ってます。

この辺りで、頭の悪い新聞やテレビが「キーワードが入った」「入ってない」と四の五の言ってますが、メディアのそういう低レベルな話は無視してください。

「文章」ってのは「キーワード」で出来ているものではありません。「内容」を読み解くものです。続けます。

中段では「バカな戦争したけど、世界のみんなが包み込んでくれたから復興できたよね。みんなが助けてくれたこと、忘れないようにしようね」って言ってます。

とても大事な言葉です。この辺りから、安倍さんの信条がとても反映された文章になってきます。

「日本軍がひどいことしてても、捕虜のみんなが帰ってこられたのって、みんなが助けてくれたからだよ。その感謝を忘れちゃダメです」

「戦争も知らない子供たちに、謝罪、謝罪って言い続けちゃダメです。でも、同時に、過去に謙虚に向き合おうね。そして未来にその気持ちを受け継いでいこうね」

はい。ここです。今回の談話で一番のキモですね。分かりにくいですか?それはですね、素直に読めば誰でもわかるのに、偏った思想がある人はその思想が邪魔して読めてないだけです。

そう言えば、村山何とかという脳ミソを眉毛の発育にとられてる爺さんが理解できてなかったみたいですが、それはあなたの頭が理解できる能力がないだけです。頭悪いならコメントとか出さない方が恥かかなくて済むのにね。続けます。

これはですね、「目的語(話す対象)」をぼやかしているからそう見えるんです。「誰に対して語り掛けている文章なのか?」を読み解くと、すんなり読める文章なんです。

今回の談話、安倍さんは「戦争」について語ったんです。戦争って一口に言っても「日本から見た戦争」と「アメリカから見た戦争」と「中国から見た戦争」、全部違うでしょ?そういうもんですよって言ったんです。

解説しますね。まずは日本人の、ウヨク的な思想や行き過ぎた過去の礼賛をしている人に「中国やアジアの人たちを傷つけたでしょ?それは本当だから忘れちゃダメだし、謙虚に受け止めなきゃダメですよ?」って言ったんです。

そして、同時にアジア各国やサヨク的・自虐的思想の人たちやメディア相手に「でもね、戦争を知りもしない子供たちに『謝罪』ばっか要求するのはいけませんよ。だって罪も犯してないんだから」って言ったわけです。

ここです!ここが新しいのです!そして、すごく的を射ているのです。

今回の談話は、とても中道であり、右にも左にも注意をしたんです。「真ん中で行こうな」って。どっちから見ても、戦争はあった。

でも、未来に向けてどっちも謙虚に行こうって。この「戦争の捉え方」はとても正しい捉え方です。戦争なんてものは、見る方向によって全部形が違うから。

戦後、もう70年。次の10年後には、戦争経験者の数はかなり少なくなるでしょう。だからこそ、謙虚にならなきゃいけないし、だからこそしつこく謝罪を要求してもいけない。

いい談話でした。私は今回の談話はとても気に入りました。官邸の皆さんでよくまとめられたのでしょう。お疲れ様でした、と言いたいですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス