アメリカの公式通貨『50ドル紙幣』に描かれている肖像画。誰だかおわかりですか?

正解は、第18代アメリカ合衆国大統領であり、アメリカ史上初の陸軍士官出身の大統領である“ユリシーズ・S・グラント”だったのですが、彼の顔が瞬時に出てこなかった方!海外に行く際には気をつけた方がいいかもしれません。

今まで、たくさんの偽札が発見されていますが、今回発見された偽札は、旅行者をターゲットにしている偽札でして、50ドルに馴染みがない人々を狙ったモノになります。

海外でも話題となっているニュータイプの偽札。これは、紙幣に印刷された“50”という文字を…

濡れティッシュで“数回”こすると…

50という文字が消え、10に変化するというモノ。

簡単に言えば、10ドル札の“10”という文字に、”50”という文字を上から貼り付けているのですが、このクオリティ…

これは騙されてしまいますよね。

なお、肖像画は偽造していない為、ドル紙幣に馴染みがある方は『ん!?』と違和感を感じる仕様になっているのですが…

ドルに馴染みがない私達にとっては、これは知る由もありませんね。

ちなみに、このニュータイプの偽札。50ドルではないものの、本物の10ドルである為…

透かしや、ブラックライト等、素人が出来る“偽札チェック”は全てクリアします。

見極めるのは“肖像画”のみという、旅行者の盲点を付いた驚愕の偽札。では、50ドルが10ドルに変化する衝撃の動画。ご覧下さい。

出典 YouTube

これは騙される!

コチラがドル紙幣の肖像画一覧になりますが、1ドル、5ドル、20ドルはぎりぎり知っていたとしても、50ドルの“ユリシーズ・S・グラント大統領”は…知らない方がほとんどではないでしょうか?

銀行などでの両替であれば大丈夫だと思いますが、街の両替屋などで両替する場合は、特に気をつけたい…ニュータイプの偽札。楽しい海外旅行を台無しにしない為にも、海外に行く際には、その国の紙幣と肖像画。これは絶対にチェックしておくことをオススメ致します。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス