今年10月に本格活動開始予定のNGT48が話題となってきています。
「NGT48」(エヌジーティー フォーティーエイト)は、新潟県を拠点に活動する、秋元康さん総合プロデュースの女性アイドルグループ。AKB48の姉妹グループの一つで、名古屋のSKE48、大阪のNMB48、博多のHKT48に続く日本全国展開プロジェクト第4弾。そんなNGT48を紹介していきます。

7月25日に第3次最終オーディションが行われました。

7月25日(土)に新潟県長岡市の「アオーレ長岡」でNGT48の第1期生オーディション3次(最終)審査が行われました。応募者数5,850人NGT48第1期生に残ったのは!?

1次審査の書類審査では、5850人から181人まで選考されました。その中で地元新潟出身者は105名残っています。2次審査は面接で、74名まで選考され、新潟出身者は38名残りました。最終審査となる3次審査はダンス・歌唱力。

応募者数5,850人の中から、2次審査を通過した74人が最終オーディションに参加し、最終合格者は22名。最年少は12歳、最年長は20歳のメンバーが選ばれました。そのうち、新潟県内のメンバーは12名選出。

NGT48のカラーはどうかの質問に対して第1期生(仮)のメンバーは「パワフル」「元気」「健康的」。また、第1期生は他48グループの立ち上げ時と比較して若干平均年齢が高く、「中心層は高校1年生、2年生の年代の子になると思う。ポテンシャルが高く、即戦力だと期待の胸の内を語っていました。

一般応募の最終合格者22名は、保護者の意思確認の後に正式にNTG48の第1期生として、8月末に氏名・プロフィールをお披露目の予定だそうです。NTG48に加入が決定しているキャプテンの北原里英、AKB48兼任の柏木由紀、ドラフト指名西潟茉莉奈と荻野由佳の4人を含めて、計26名が第1期生として活動予定。今後も目が離せません。

審査を終えてNGT48今井悦郎支配人のコメント

今村悦郎支配人は「当初は新潟というと色白でおしとやかな女性をイメージしていましたが、みんな元気でパワフルで、いい意味で予想を裏切る新潟らしくないメンバーが揃ったかなと思います」そんな中で、「『新潟のいいところを全国に知ってもらいたい』『新潟には美しい自然や美味しい食べ物がいっぱいあるんです』と新潟をアピールする子たちがたくさんいたことも印象的」と第1期生NGT48についての印象を語っていました。

また、秋元康さんのコメントにも触れ、「最終審査は秋本康プロデューサーも、『いいね!粒ぞろいだ』と言っていました。足元がしっかりしている、とも。選考は激戦でした」と1次審査から全体を振り返って感想を語ってました。審査員には48グループの他の支配人らも参加。今村悦郎支配人によると、総支配人からも「AKBにほしい」という期待値の高いメンバーもいたそうです。

今後のスケジュール

NGT48劇場での公演を基本活動とするそうですが、姉妹グループが掲げる「会いに行けるアイドル」というコンセプトとは異なり、NGT48は「会いに行くアイドル」というコンセプトを掲げて活動していくそうです。今後の活動に注目していきます。

NGT48劇場の予定地は新潟県新潟市中央区万代1-4-8 LoveLa(ラブラ)万代2 4階になるそうです。

「LoveLa万代2」は新潟・万代地区にあるファッションテナントを核とする商業施設で、2013年11月に三井不動産により開業。

関係者によると、同社と新潟交通が「物販だけでは地域活性化に限界がある。“体験型”活性化策が必要だ」として、NGT48劇場誘致を働きかけたという。JR新潟駅万代口から徒歩15分程の位置に立地しており、4階に入居する予定。

劇場支配人の今村は3か所の候補地から選定した理由を「新潟駅から歩いて15分とアクセスもよく、さまざまな年代の方が集まっている街ということで万代に決定しました。いろいろな方に足を運んでいただきたい」とコメントしている

出典 http://48pedia.org

キャプテンとなる北原里英さんのプロフィール

北原 里英(きたはら りえ)さんは、女性アイドルグループAKB48横山チームKのメンバーで、2012年8月24日から2013年4月28日まではSKE48チームSメンバーを兼任していた。2015年キャプテンとしてNGT48へ移籍することが決まりました。


北原 里英さんの経歴

2007年
『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』に合格。

2008年
チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演における楽曲「純情主義」のバックダンサーとしてデビューした。
北原 里英さんは10thシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入りを果たし、以後18thシングル「Beginner」までの全シングルで選抜入りしている。

2010年
2月17日、15thシングル「桜の栞」で北原 里英さん初のフロントメンバーに選出、2ndアルバム『神曲たち』でも通常盤ジャケットのフロントメンバーに。アメーバにてオフィシャルブログ「さんじのおやつ」をスタート。

2011年
1月21日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』の2日目公演アンコールにて、大島優子・指原莉乃・横山由依とユニット「Not yet」を結成することを発表。

2012年
Not yetの4thシングル「西瓜BABY」のカップリング曲「guilty love」で北原 里英さんが初めて作詞を担当されました。『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKへの異動と、同時にSKE48を兼任することが発表。

2013年
『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では21位となり、アンダーガールズに選出。9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16で、選抜入りとなりました。

2014年
『AKB48グループ大組閣祭り』(東京・Zepp DiverCity)にて、北原 里英さんが新チームK副キャプテン就任が発表。『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では19位で、アンダーガールズに選出されました。

2015年
3月26日、『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』(さいたまスーパーアリーナ)にて、NGT48への移籍とキャプテン就任が発表。『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では11位で、選抜入りしました。

北原里英さんのNGT48への意気込み

「昔まだ売れてなかった頃のAKBがやっていたことをもう一回できるかと思うと楽しみです」かつてのAKBにあって現在のAKBにないもの。それは、全く無名のグループが少しでも有名になるために地道に積み上げていく活動だ。

北原によると、ヒット以前のAKBは、1枚でも多くのCDを売るために各地のレコード店を回ったり、小さなイベントにも積極的に参加するなどしていたという。AKBの成功の源はもちろん「会いに行けるアイドル」というコンセプトの基に劇場公演と握手会を実施したことだが、もう一つ、周囲が「AKBはそんな所にまで行っちゃうんだ!?」と驚くほどの腰の軽さがあったことが大きい。

AKBと兼任の柏木由紀(23)と自分以外は全く無名メンバーのNGTを率いていく北原の頭には、原点回帰する考えがしっかりと詰まっているようだ。NGTは「会いに行けるアイドル」ではなく「会いに行くアイドル」を掲げ、新潟県の全30市町村に出向く意向。北原は特に行きたい場所について「新潟は花火大会が有名なので、関係を持ちたい。スキー場も多いので、雪の上でライブもしたい」と話している。

花火大会に関しては、実はNGTのキャプテンに就任する話が全く出ていない頃から強い関心を抱いていた。「昨年の夏はプライベートで(新潟県小千谷市の)片貝の花火大会に行きました。一緒に行った友だちと“来年はお金を出し合って、自分たちの花火を打ち上げてもらおう”と話し合っていたんです」自身がNGTに関わることになって、その思いがさらに強まった。

出典 http://48pedia.org

NGT48のキャプテンとしての意気込みをひしひしと感じます!!

『会いに行くアイドル』NGT48の魅力、キャプテンとして燃えている北原里英さんをうまく紹介できたか不安ですが、今後の彼女達の活躍に注目していきます。

おすすめ記事

この記事を書いたユーザー

takeshi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • スポーツ
  • インターネット
  • エンタメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス