日々私たちが口にする野菜。その原産地は実に様々です。「ヤーコン」ときいて、その原産地がわかる方。あなたは食のトレンドに敏感かも。日本ではこれからますます注目されていくであろう野菜、ヤーコン。今回は、魅惑の(?)ヤーコンレシピに迫ってみましょう。

スーパーな芋?

出典 http://www.yaconcha.com

イモの親戚?

中南米はアンデス高地原産のキク科の根菜。それがヤーコン。根菜?そう、地下部にサツマイモに似たイモができます。実はヤーコンの根部、葉部ともに、驚くほどの健康成分を含むことがわかりました。ありがたすぎるその成分とは。

驚異です。この成分と効能。

出典 http://www2.odn.ne.jp

葉っぱを捨てるなんて、もったいない。

出典 http://www.yaconcha.com

こちらは焼き芋にできそうな・・・

ヤーコンの葉や芋に含まれる健康成分。それは、オリゴ糖、ポリフェノール、カテキン。更にミネラル(特にカリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄)に、ビタミンA、B1、B2、Cなども含有。 野菜ですからもちろん食物繊維も豊富です。カテキンに至っては、なんと緑茶のをも凌ぐほどの量。健康に嬉しい成分が、これだけ含まれているのです。オリゴ糖や繊維質が豊富ということは、腸内細菌のバランス改善、便秘解消、ひいてはダイエット効果もあるということ。糖尿病予防や脳卒中・心臓病・大腸がんの予防、高血圧症の改善にも役立つのです。体の全ての部位がバランス良く健康を維持するのにひと肌もふた肌も脱いでくれそうなヤーコン。もちろん、アンチエイジングにも、もってこいです!
ヘルシー成分を驚異的なほど多く含むヤーコン。この野菜を美味しく、たっぷり、手軽にいただきたい!ということで、ヤーコンの食べ方を、厳選してご紹介しましょう。

生かすなら、まずコレ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

心地よい音が。

イモのような根菜でありながら、生で食べられる!それがヤーコンイモの特徴。ならばやっぱりサラダ?もちろんそれも美味しいのですが。おすすめは、ヨーグルトに入れること。梨のようなシャキシャキ感が心地よいヤーコン。ヨーグルトのなめらかな舌触りとこのシャキシャキとした食感と、相性は抜群。しかも、ヨーグルトの効果はヤーコンによって強化されます。ヨーグルトに含まれる善玉ビフィズス菌が、ヤーコンによって活性化するのです。ヤーコンの食感をしっかり味わうには、角切りがオススメ。あとはヨーグルトと混ぜるだけです。実は筆者、ヤーコン入りヨーグルトを食べた経験があります。この食感、なんて軽快なんだろうと、ちょっぴり感動しました。薄い黄色をしたヤーコンイモ。ヨーグルトはプレーンが、一番相性が良いでしょう。ヤーコンには若干苦みもあるので、ヨーグルトは甘味を少し加えて下さい。

和ならこちらを。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

同じ根菜ですから。

続いて、ヤーコンイモのキンピラです。キンピラで定番のごぼう。そのごぼう代わりにヤーコンを使えば、一味違ったものになるはず!キンピラを作るいつものやり方で、OKです。唐辛子の辛さが、ヤーコンのシャキシャキ食感をアップさせてくれますよ。盛り付ける際に煎りごまをかければ、アンチエイジング効果も更に高まります。キンピラではごぼうの相棒であるにんじんの他、ブロッコリーや絹さやを入れてみてはいかがでしょう。いろどりも良くなります。
 ここで豆知識をひとつ。調理の際、実はヤーコンイモの皮はむかない方がオススメです。というのも、ポリフェノールが皮に多く含まれているから。またゴマ油を使うと、ポリフェノールの働きがアップするとのこと。是非覚えておいて下さいね。

洋風も。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

楽しくこねて。

 洋風ならば、オススメはやはりハンバーグ。タマネギを生のまま使うと、そのシャリシャリとした食感が楽しめるのは、皆さんご存知だと思います。ならばその代わりにヤーコンを使ってみましょう。タマネギに匹敵するくらいのシャキシャキ感がたまらない逸品になりますよ!ハンバーグソースにもひと工夫。市販のウスターソースにヤーコンをすりおろしたものを混ぜてみましょう。特有の食感が二倍楽しめます。

中華”風”なら。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

揚げてみましょう。

 和洋とくれば、中華”風”も食べたい。ならば、こちら揚げワンタンはいかがでしょう。ヤーコンと豚ひき肉を混ぜて味付けし、それをワンタン皮に包んだら。あとは揚げるだけ。お酒のおつまみにもピッタリな1品の出来上がり。カリカリの皮とヤーコンの食感と。これは止まらなくなりそうです。

保存食兼スイーツ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

自家製で安心。

いったん調理したら、できるだけ長~くヤーコンを食べたい。ならばジャムでどうぞ。ヤーコンに、相性の良いリンゴを加えます。更にレモン果汁を入れると酸味がさわやかな仕上がりに。材料を良く煮詰めて瓶に入れたら、その瓶を85℃のお湯の中に15分以上入れ、殺菌すると安心です。ヤーコンジャムをつければ、いつものトーストがよりヘルシーになります。紅茶を飲む際、砂糖代わりにこのジャムを入れるのも、ちょっとおしゃれな飲み方ではないでしょうか。

これはいっそ購入して。

出典 http://www.ya-con.com

葉っぱも忘れずに!

驚異のカテキン含有量を、無駄にすべからず。ということで、ヤーコンイモだけでなく葉っぱも味わいたいもの。ならばヤーコン茶がオススメです。ただ、お茶は家庭ではイチからは作りずらいですよね。ということで、いっそネット販売で購入してみましょう!ヤーコン葉だけでは苦味のあるものになるので、ハト麦などとヤーコン葉をブレンドしてまろやかに仕上げたお茶も販売されています。お好みにより緑茶とブレンドすれば、お手軽にオリジナルのヤーコン茶の出来上がりです!

これからの野菜。

 健康成分満載。ガン抑制効果もあるとされるヤーコン。食べ方を厳選しておとどけしましたが、調理法は無限大です。料理は好きだけどヤーコンは使ったことがないという方、一度食べてみればその食感にハマり、レパートリーが増えていくことでしょう。料理はあまりしないという方も、ヤーコン料理なら作ってみたいと思うかもしれません。要注目野菜、ヤーコン。その食感を存分に楽しみながら、健康になりましょう!

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス