夏の定番!「金魚」

出典記者撮影

夏祭りの縁日などで金魚すくいをしたお子さんも多いですよねー!

そのままお家で飼っている方もこの時期増えると思います。
我が家も例外なく、金魚すくいでGETした金魚を飼っています。そのために水槽も購入しました。

そんな金魚ちゃんをお部屋のインテリアに合わせてバックスクリーンを自作してみてはいかがですか?

定番柄やポップな柄などマスキングテープならとっても簡単に可愛くデコできちゃいます!
是非試してみてくださいね。

まずは水槽を準備します。

出典記者撮影

1000円程度で購入できる簡単なプラスチックの水槽です。

道具はマスキングテープと適当な紙

出典記者撮影

水槽の背面と同じサイズにカットした紙(少し厚紙だと後々扱いやすいです)画用紙でも、コピー用紙でもなんでも大丈夫です。それからお好きなマスキングテープを用意してください。

まずは定番柄から

出典記者撮影

いかにも水槽の中っぽい柄を作っていきます。水色のマスキングテープを全体に貼ります。(水色の画用紙でもOK)※無地のマスキングテープは建築用のコーナーにたくさんあるのでホームセンターでの購入がオススメです。(白、緑、水色、ピンク、黄色)などがあります。

ちぎり絵の要領で!

出典記者撮影

マスキングテープは初めから粘着面があるのでちぎって貼るだけで簡単に作れるのがいいところですね!

水草や砂利をイメージして貼り付けていきます。
赤のマステでお仲間の金魚もちょい足し!

完成!

出典記者撮影

出来上がった紙を水槽の背面の外側から貼り付ければ完成!

POP柄がキュート!

出典記者撮影

通常のバックスクリーンは無地のものや水槽柄はありますが、こんなPOPな柄があっても可愛いですよね!

お好みの色やデザインで自分好みに飾ってみればインテリアの一部になってくれるかも(^V^)V

カラフルでとってもキュート!

出典記者撮影

水槽じゃないみたいな可愛らしさです!


※ちなみに金魚の成育にバックスクリーンの柄は関係ないのでどんな柄でも大丈夫です。
その他の観賞用のお魚の中には柄が成育影響するものもいるらしいので事前に調べてみてくださいね!

覗き込むと癒しのアート空間が。

出典記者撮影

こんな風にとっても可愛い水槽デコが出来上がります!

水濡れ防止に。

出典記者撮影

紙で作ったので水に濡れると弱いです。ラミネートできれば最高ですが、ラップでコーティングするだけでもOKです。水槽の掃除をするときは取り外してから行ってくださいね。

まとめ

背面の色は飼っている魚の反対色にすると魚がより映えます。シールなどを使ってハート柄とか普通水槽ではありえない柄に挑戦するのも楽しいですよ!

この記事を書いたユーザー

ザッキー☆ このユーザーの他の記事を見る

3人の子育てをしながらブログ「ザッキーのキャラ弁LIFE」http://ameblo.jp/yamapankazzzzz/を中心に活動中です。
著書「はじめてでも作れる!キャラ弁教室」

キャラ弁やちょっと可愛いお家ごはんの作り方を掲載していきたいと思います。
あとは気になった事柄を書いていきたいです。気軽に覗いてみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス