今まで平気だったのに・・・

アレルギーとは無縁で育った幼少時代だったはずなのに、大人になって突然アレルギーになるということがあります。大人になってから発症する食物アレルギーは、幼少期のアレルギーと違います。

そこで、大人の食物アレルギーについて注目してみました。

食物アレルギーとは?

食物アレルギーとは、特定の食物を摂取することにより免疫システムが過敏に働き、体に不利益な症状が現れることです。牛乳で下痢をするといった乳糖不耐症や、食中毒などは含みません。

出典 http://www.ajinomoto.co.jp

そもそも食物アレルギーとは、免疫システムが過敏に働いたことによるものだそうです。花粉症と似ていますね。特定の食物に対してのアレルギーなので、少々でも含まれていると反応する場合が多く、調味料やエキスなどにも反応するため注意が必要になります。

アレルギーの食物そのものを食べていないので非常に気づきにくいのですが、ドレッシングや調味料・ソースなどは非常に注意画必要です。

アレルギーの原因になりやすい食物とは?

アレルギーの原因食物として、日本では主に卵、乳、小麦があげられ、これらで3分の2を占めます。特に卵が多く、全体の約40%です。
たんぱく質にはアレルギーを起こしやすい構造と、そうでない構造があります。また、たんぱく質の多い食物が原因になりやすいわけではありません。

出典 http://www.ajinomoto.co.jp

卵のアレルギーが多いという数値には驚きですね・・・。卵がアレルギーとなると、食べられるものがかなり偏ってきます。特にお菓子などはほとんど卵が使用されているでしょう。なかなかつらい状況ですね。

大人の場合は、甲殻類や小麦、果物のアレルギーが多くなるそうです。子供アレルギーとなる食物と、大人のアレルギーとなる食物は違いがあるそうです。ただ、一概に必ずアレルギーの食物はコレ!というわけではありません。あくまで、多いという状態です。

アレルギーは人それぞれですので、特定には検査が必要になります。

大人のアレルギーは生活習慣や環境も影響していた。

アレルギーを引き起こす原因は、「遺伝」「環境」「生活習慣」の3つが考えられます。なかでも影響力を増しているのが、環境と生活習慣。本来、アレルギーは幼少期に発症するものが多かったのですが、最近では大人になってから発症するアレルギーが急増しています。それらの原因について、大気汚染やダニ、カビなどの環境のみならず、生活習慣が大きく影響していることが近年の研究でわかってきました。

出典 http://alle-forum.jp

アレルギーの原因のひとつに「生活習慣」が影響して場合もあるそうです。自分の中では、特に意識せずともいつもしていることのような、そういった行いの積み重ねがアレルギーを起こしてる可能性があるそうです。

なかなか手ごわいですね・・・。

アレルギーは症状は様々でもメカニズムは同じ!

アレルギーの原因は、免疫バランスの崩れ。免疫機能が正常に働かなくなることで、花粉やダニなどのアレルゲンに対し、過剰な免疫反応を起こしてしまうのです。花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など、ひと口にアレルギーといってもその症状はさまざまですが、発症のメカニズムはすべて同じ。

出典 http://alle-forum.jp

アレルギーとして現れる形は様々ありますが、現象自体は同じメカニズムで発生しているそうです。目がかゆくなったり、蕁麻疹が出たり、花粉症もアレルギーのひとつですね。そういった状態は、同じメカニズムでおきているということだそうです。

症状は弱いものから、非常に強く命の危険性まであるような場合もあります。アレルギーは病気じゃないといって無理に食べさせようとしたり、食べ続ければ治るなどの間違った知識でアレルギーの食物を食べさせないようにしましょう。

場合によっては、強いアレルギー症状により命を落とす可能性もある怖い症状です。

このような症状が出たらアレルギーを疑え!

食物アレルギーで最も多い症状です。じんましん、かゆみなどの皮膚症状、口の中のイガイガ感や唇の腫れなどの口のまわりの症状、目の充血や目のまわりが腫れるなどの目の症状などがみられます。

腹痛、吐き気、嘔吐、下痢などの症状が出ます。鶏卵アレルギーでより出やすい傾向があります。

出典 http://www.allergy-i.jp

食物アレルギーは、食べて1時間以内には蕁麻疹が出ることが多いでしょう。反応が速い人は、食べた直後からびっくりするような蕁麻疹が「ぶわっ!」と広がります。もし、突然そのような状態になった場合は、蕁麻疹が発生する前に食べたものを取っておくと後から原因特定がしやすくなります。
もし、息苦しさなどが出てきた場合は、すぐに病院へ行きましょう。

急を要する場合は救急車が必要になるほど、反応は強く出ることもあります。アレルギーは大変危険な症状なのです。

食べて妙に「マズイ・・・」と感じたら。

実際に蕁麻疹が出て私はアレルギーがあるということ知ったのは、20歳を過ぎた頃でした。夕食の後に、必ず両足の内側に大量の蚊に刺されたようなぷっくりとした発疹がでるようになりました。そのかゆみたるや、想像を絶するほどのかゆみで何を塗っても収まりません。2時間ほどで腫れは引くので気にしていませんでしたが、1ヶ月経っても治まらないため病院にいきました。

すると、蕁麻疹と判明し検査をしたところ「食物アレルギー」がわかったのです。そこで知ったことなのですが、私が元々「嫌いな食べ物」がほぼ全部アレルギーとして引っかかったものでした。ただ、アレルギーの反応が弱く「そこまでではないが、体調が悪いときや疲れているときは強く出るから注意」という診断でした。

嫌いなもの・今まで平気だったけれど妙に不味く感じたものというのは、アレルギーの可能性を考えたほうがいい場合もあるそうです。不味いというか違和感が口の中いっぱいに広がります。

アレルギーは、積み重ねてしまうと症状が重くなりますので注意が必要です。

この記事を書いたユーザー

Furou Break このユーザーの他の記事を見る

暮らしに役立つ記事を書くWebライターです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら