記事提供:しらべぇ

夏といえばナンパの季節。事実、夏の大アンセム『サマージャム'95』の中でも「夏!!クラブ!!ナンパ!!思い出!!」とスチャダラパーな先輩方がラップしており、世の男にとって、昔から夏はナンパと決まっているのだ。

というわけでしらべぇ編集部では、夏のナンパ成功率を上げるための秘訣を調査。

今回は、「ナンパしてきた人と付き合ったことがある人」をナンパOK派、「ナンパしてきた人と付き合ったことがない人」をナンパNG派として、ナンパOK派を見抜くポイントを探ってみた。

■成功率を高めるなら、「年下好きでソース好き」を狙え!?

なんと、ナンパOK派の実に約半数は年下好きということが判明!

女性全体だと年下好きは3割しかいないので、「年下」というキーワードはかなり優位に働くとみていいとくにピッチピチの大学生諸君はチャンスだ!

そして、もう一つ大切なキーワードはソース好き。世間一般だと醤油派が8割、ソース派が2割という結果なのだが、ナンパOK派に絞ってみると、実にソース派が4割という結果に。

これから女性に声をかける時は「ソース派か醤油派か」は確かめるようにしよう。ちなみに、TUBEの名曲『海の家』の中でも「焼そばはソースが決め手~夏のナンパは薄口で~」と歌われており、前田亘輝先輩はこのことを見抜いていたようだ。

■甲子園トークで掴みはOK!?食事はおごるべし

ナンパOK派には野球好きな女性が多いことが判明!

女性全体では野球嫌いが6割も存在しているのに、ナンパOK派は5割以上がむしろ野球好きなんだそう。元高校球児のみなさん、後輩たちは西宮の球場目指して頑張っているが、ここはひとつ、海を目指すとよいだろう。

野球離れが加速するこの時代、野球なんて興味ねーよ、知らねーよ、という男性陣も多いことと思う。

今年のキーワードはずばり「早実の清宮」「岐阜商の高橋」だ。これで話が弾まなかったら野球好きじゃないと思えばいい。

そして、いざ軽快なトークが盛り上がったとなれば、ぜひ食事へ誘いたい。ここで気をつけたいのは、会計は男性が奢るべし、ということ。

これも調査データから明らかになっているのだが、ナンパOK派は意外と節約堅実派が多い。仮に海の家でビールを奢って食事をしたって、2人で勘定は5000円にも満たないだろう。ここは男気を見せたいものだ。

そして最後に、ナンパOK派もNG派もイケメンじゃなく話が面白い人についていきたくなる、というデータも入手している。

今回の調査結果を活かし、今年の夏こそ「渚のシンドバッド」みたいなプレイボーイになってもらえればと思う。健闘を祈る!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス