記事提供:まぐまぐニュース!

先日、韓国・ソウル市内にある西大門刑務所の跡地にある慰霊碑に、跪いて頭を下げたとして、猛烈な批判にさらされている鳩山由紀夫元首相

14日にジャーナリストの上杉隆氏がアンカーを務めるインターネット報道番組「ニューズ・オプエド」に生出演し、今回の騒動について語った

炎上するな…と思ったが、ひるむべきではないと思った

帰国早々、自宅前には右翼の街宣車が大挙して襲来中とのことで、「ネトウヨだけでなく、本当の右翼の方々もおいでいただいている」と冗談交じりで語った鳩山氏。

今回の渡韓については、もともと「東アジア国際平和会議」という会議への出席が主な目的で、日本からは鳩山氏のほか、近藤昭一氏(民主)や照屋寛徳氏(社民)といった現職の国会議員たちも同行していたという。

鳩山氏によると、西大門刑務所への訪問は現地にて決断。日本統治時代には思想犯・政治犯などが投獄されていた西大門刑務所には、韓国国内でこのところ英雄視されているという柳寛順をはじめ、多くの独立運動家が過酷な拷問で命を落としたという歴史があり、

それに対し日本側からメッセージを出さないのはおかしいだろうという思いから、訪問することが適切であると考えたという。

また、批判を集めている例の行為については、「慰霊碑の前に黒い敷布が敷かれていて、常識的にそこを土足で行くわけにはいかない」と思ったとのことで、

「日本でもお仏壇の前では、座って手を合わせてお辞儀するのが普通で、跪いたことには違和感がなかった。韓国式の形でお参りをさせていただいた」と説明。

その一方で「“これは炎上するだろうな…”とは思ったが、それでもひるむべきではないと思った」と、率直な胸中も明かした。

外交とはひとつである必要はない

一方で、「終戦の日」目前というタイミングでの今回のアクションについては、

「安倍総理による戦後70年談話が、どのような形になるのかということで、韓国の人たちも非常に注目していた時期だから、行くことに大きな価値があった」と、安倍談話を大いに意識しての行動だったと認めた鳩山氏。

この時期の訪韓は国益を損ないかねないのでは、という批判に対して鳩山氏は、帰国後に韓国の駐日大使からお礼の言葉を掛けられたことを明かし、

韓国の方に感謝された行為が、どうして日本の国益を損なうことになるのか?日本が行った悪い行為に対しては、それなりの気持ちを示し、それで日本と韓国の距離が近づけば、それが国益となると思っている」と反論した。

また、元首相という立場でのそういった振る舞いは、外交上の混乱を招くのでは?といった意見に対しては、「西大門刑務所への訪問は、小泉純一郎元首相も在任中に行っており、それ自体は政府の方針に反することではない」としたうえで、

「外交とはひとつである必要はなく、中国やアメリカなども、もっと複雑な外交をしている。政府がやる外交だけが外交と思い込んでいることが大きな問題」と一刀両断。

「むしろ政府がやりにくい、できないことに関して、民間の立場で何らかの協力をするということは、決して国益に反することではない」と、持論を展開した。

番組内では今回の騒動に関する話題のほか、靖国参拝問題や普天間基地問題などのテーマに関しても言及。その模様は「ニューズ・オプエド」にて視聴できる。

出典:『ニューズ・オプエド』

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス