「今63歳だけど、まだまだ性欲はあるわよ。膝の手術をしたから最近は、ペースが落ちてるけど去年は3人の恋人がいたわ。」日本なら聞いているこちらが顔を赤くしてしまいそうなことを、あっけらかんと話すのは過去に3000人の男性とセックス経験をしたという女性だ。

19歳の時に結婚し、愛する夫もいるが…

出典 http://www.theguardian.com

イギリス在住のマリーは、セックス産業で働いていたわけではない。15歳の時から時を過ごしてきた恋人と19歳で結婚し、今では2人の孫もいる。しかし、夫との生活は「セックス」重視ではない。お互いに愛はあるが、セックスとその愛は別のものだと彼女は言う。

「60年間、同じ人としかセックスしないのって不自然って私は思うの。人生は冒険しながら生きて行かなきゃ。」夫バリーにも妻以外に女性がいるが、ジェラシーはないと話す。「だって夫は私を愛しているのを知ってるもの。私も夫を愛しているわ。」

28歳までは夫以外の人とセックスしたことがなかった

出典 http://www.instantcheckmate.com

ある日、1冊の雑誌を持って帰ってきた夫は妻に言った。「僕達もやってみない?」そこにはカップルの交換の記事が書かれてあり、実際に交換できるカップルのリストも記されていた。

「Wife Swap」というテレビ番組がアメリカでもイギリスでもあったが、それはお互いの妻を交換して1ヶ月ほど様子を見る、というものだ。もちろん番組なのでセックスはない。

しかし、夫は「他の人とセックスしてみない?」と言ってるのだ。マリーは驚き咄嗟に「バカなこと言わないでよ。」と言った。それ以来、夫がカップル交換の話題を口にすることはなかった。

しかし、マリーの頭にイメージがよぎって離れなくなった。「もし他の人とセックスしたら…どうなるのかしら。楽しいのかしら。」そして結果的には夫に「やってみましょうよ。」と言っていたのだ。

そしてカップルを雑誌からピックアップ

出典 http://www.gettheguy.co.uk

「最初の夜は忘れもしないわ。私と夫はある家に行ったの。」雑誌からピックアップしたのは、大学教授夫婦だった。車で彼らの家に行く途中、夫に「本当に大丈夫?できる?」と言われたマリー。

「二人とも、すごくナーバスだったわ。でもそれ以上にすっごく興奮してたの。」一度どんなものか試してみればいい、そんな気持ちだった。出迎えたのは、40代の大学教授でジョンと言った。

「ジョンはハンサムで知的で洗練されていたわ。食事の後でリビングで二人きりになる時間がちょっとだけあったの。今しないといつするの!?って思ってキスしたの。でもそれだけ。バリーとジョンの奥さんが入ってきたから。」

二人が入って来なければ間違いなく続いていただろうと思った。そして夫バリーを見るとバリーも満面の笑みを浮かべていたのだ。「上手くいったのだな」そう思ったマリー。自分もスリリングですごく楽しかった。その瞬間から二人の人生は大きく変わったのだ。

正式に夫婦交換のメンバーとなった夫妻

出典 http://www.gbooza.com

それからは週末、定期的に他のカップルと会った。最初に会ったジョンと彼の妻とはセックス抜きでも親しい間柄になった。しかしその他の夫婦とは1回こっきりという関係だったという。

「ある夜、マンチェスターのスワップパーティーで14人の男性とセックスしたわ。翌日、体中が痛かった。ジムに行った後みたいな。でもいい意味の爽快感だったわ。」これまでなんと3000人もの男性とセックス経験があるという。

「でも、きっちり安全にしてるわ。それに夫もいつも近くにいるもの。一度18歳の男性としたことあるわ。どんなものなんだろう、って興味があって。速かった、っていう感想しかないけどね。」

1997年に社交クラブをオープンした夫妻

出典 http://www.ndtv.com

仕事をこのまま続けて行くよりももっと楽しいことしたい、そう考えた夫婦は夫婦スワップのための社交クラブを経営するようになった。「店がオープンしている間は、私と夫はもちろんセックスはしないわよ。あくまでも経営者としてお客さんに接するだけ。」

しかし、店が閉まると残っていたカップルと気が合えばセックスすることももちろんあった。夫妻はそうして、私たちが考える普通の結婚生活からは想像もできない生活を楽しんでいた。しかし、夫妻にとってはこれは「普通の楽しみ」なのだという。

「今63歳になったから、若い子が着るような派手な服装して、男を誘うようなことはもちろんしないわ。でも、誰かが私を魅力的だと思ってくれるならいつでも歓迎するわよ。」膝の手術をしたとはいえ、性欲は衰えたわけではない。

「これまでのそんな人生、後悔してるかって聞かれることがあるの。そうね、もっと5,6年早くにその雑誌を知っていたらって思うわ。」今はリラックスしながら恋人とのセックスを楽しんでいるという夫妻。

まるで異次元のような世界が現実に存在していると思うと、少なからず衝撃を受ける筆者だ。世の中にはいろんな人がいる。これだけは確かだろう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス