いまや、大学卒業が当たり前になりつつある昨今、親にとって「教育資金問題」は大きいですよね。
学資保険?それとも定期預金?
そもそも、大学卒業までにかかる費用っていくらなの?など、疑問は様々。
そこで今回は、子どもの学費を蓄えるための方法を3つご紹介します。

一番人気はやっぱり「学資保険」

「学資保険」って、広告やチラシはよく見るけど、実際どんなものなの?と感じている人も少なくないと思います。
確かに、その仕組みを詳しく知っているという人は、なかなかいないですよね。

学資保険とは子供の教育費などに掛かるお金を補助することを目的とし、契約した保険料をきちんと支払うことによって、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険です。

主に祝い金や満期学資金として、契約時に決めた子供の年齢に合わせて給付金を受け取れる
ものです。

また生命保険と同様、子供や親に万が一のことがあった場合には、死亡保険金や病気やケガの治療に掛かる給付金が下りるものもあります。

基本的に学資保険の契約者が万が一亡くなった場合には、それ以降の保険料が免除されるシステムになっています。

出典 http://www.if-gakushihoken.com

普通に預金しておくことに比べると、子どもに対しての保険もつくため、万が一の際も安心できることから、とても人気があります。
子どもの保険も兼ねられるというのはメリットですが、元本割れをしてしまう保険もありますので、返戻率には注意が必要です。
満期にならないと受け取れないために、払込期間中に大金が必要になっても用意することはできません。
途中解約すると元本割れする可能性が非常に高いので、損する危険もあります。
途中解約ができないことと、損になるリスクがあるのはデメリットですね。

学資保険と悩む「定期預金」

安全性ということと、流用性では一番高く評価できます。また、預金は必ずしも教育資金で使う必要はないので、万が一の場合は他の目的に流用することも可能です。
一方で、超低金利が続いている現在、積立預金や定期預金で収益を目指すのはかなり厳しいのが現状です。あくまでも減らせないお金をためる上では効果的ですが、ためながら増やすという意味では利用価値は低そうです。

出典 http://money-lifehack.com

定期預金のメリットは、「元本割れのリスクがないこと」
銀行に預けた分のお金は、必ず帰ってくるので、リスクはほかのどの方法よりも少ないです。
さらに、一般的に教育資金がかかる高校・大学入学までに、何らかの理由で大金が必要になっても、途中までの金額を用意することも可能だということは大きなメリットですね。
その一方で、学資保険よりも利率がかなり低いため、満期まで払い込みができたとしても、受け取れる金額は学資保険よりも少なくなります。
これが定期預金の大きなデメリットです。

親の保険を手厚くする「低解約返戻金型定期保険」

学資保険か定期預金で考えている人たちには「え?なにそれ?」という感じでしょうか。
簡単に言うと、低解約返戻金型定期保険とは、「貯蓄型保険」のことです。
一般的には父親を契約者および被保険者として保険をかけます。
払込期間に払い込みをした金額を、保険会社が運用し、満期になると返戻率に応じた返戻金を受け取れます。

基本的には「将来の解約を前提とした保険」となります。数年~10年程度の保険料払い込み期間中は極端に低い解約返戻金しか出ないものの、その期間終了後は急激に返戻率が上昇し100%を超えます。
さらに、その後もゆるやかに返戻率が上昇していくしくみになっています。解約時期を子供の学費がかかる時期(大学入学時期)などと想定して保険を始めると、運用性と保障性の高い運用が可能になります。

出典 http://money-lifehack.com

この保険は、「満期になると100%を超える返戻金を受け取れる」ということと、「契約者死亡の場合などは払い込みの必要がなくなり、保障がつく」ということは学資保険と同じです。
返戻率は保険によってさまざまですが、そんなにかわらないものも多いですよ!

一方、学資保険と違うのは主に「子どもへの保障がつかないこと」と「払い込みが終わっても契約を継続することができ、長期間に及ぶほど返戻率が上がる」ということです。
よって、子どもに医療保障や死亡保障をつけたい場合は、別途契約が必要になります。
ポイントは、「長期間に及ぶほど返戻率が上がる」ということ。

たとえば、子どもが0歳の時に契約し、10年間で払い込みを終了するとします。
しかし、払込終了時、まだ子どもは10歳で、教育資金は必要ないですよね?
払い込んだお金をそのまま保険会社に運用してもらうことで、返戻率が少しずつアップする、ということです。
これは大きなメリットですね!

逆にデメリットは、学資保険とほぼ変わりませんが、途中解約してしまうと大幅に元本割れするということです。
月々の払込金を、確実に支払できる額に設定しておくことが重要ですね。

教育資金どう貯める?まとめ

いかがでしたか?
色々な方法がありますが、一番人気はやはり学資保険のようです。
ちなみに筆者の家庭は3つめの低解約返戻金型定期保険を利用しています。
夫の死亡保障をかけていないことも、これに決めるポイントになりました。
それぞれの家庭に合った貯め方、運用の仕方がありますので、信頼できるファイナンシャルプランナーさんを持つことは重要ですよ!
これから一生の付き合いになる人です。
必要なことを勧めてくれる素敵なプランナーさんを探してくださいね!

この記事を書いたユーザー

caco* このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライターになりました!
2015年1月生まれの男の子と、2016年10月生まれの女の子のママです!
ブログでは育児日記を中心に更新中*

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス