ピアニストとして活躍する佐田詠夢さんが結婚で話題

8月11日に「東日本大震災チャリティーコンサート」でゴスペラーズの北山陽一さんと、ピアニストの佐田詠夢(えむ)さんが結婚を発表し話題となっています。この、おめでたい報告とともに、佐田詠夢さんがかわいいと話題になっているんです。

さだまさしさんにはあまり似ていない?

お父さんのさだまさしさんは3歳からバイオリンを習い始めましたが、長女の佐田詠夢さんは3歳からピアノを習い始め、今はピアニストとして活躍されています。音楽を始めた年齢は同じでも、このふんわりした可愛らしさはお父さんとはまた違う魅力ですよね。

でも、トークの方はさださんと似ている部分があるみたいですね。さださんといえば、コンサートのトークを期待して行くお客さんが多いのが有名で、トークだけでもイベントができてしまう程の面白さなんですよね。

父・さだまさしさんは「物わかりの良いお父様」?

父・さだまさしさんのブログには、このように綴られていました。

北山くんについては、二年前からの交際を承知しておりましたので、残念ながら別段、殴る、蹴るという騒ぎもありませんでした。

ゴスペラーズとはよく一緒に仕事をしていましたので、最初は「え?」という感じでした。

まあ、蓼食う虫も好き好きで、互いに気に入ったのなら、まあ、それはそれで有り難いことだな、と割合、物わかりの良いお父様でした(笑)

出典 http://ameblo.jp

さだまさしさんのヒット曲「関白宣言」に続き作られた「親父の一番長い日」は、妹が生まれてから嫁に行くまでを歌っている。妹の結婚相手に親父が結婚は許すが殴らせろ、という歌詞がある。しかし実際は、笑顔での祝福となった様です。

2013年8月、さだが中心となり長崎で開催した『東日本大震災復興支援チャリティーコンサート~2013 長崎から東北へ』に参加。共演こそなかったもののバックステージで顔を合わせて意気投合し、交際に発展した。出会いから2年でのゴールインとなる。

出典 http://www.oricon.co.jp

結果的に2人の出会いを引き寄せる事となったさださんは、殴るお父さんではなく、キューピッドのかわいいお父さんになったんですね。

詠夢さんは絵を書くことが趣味

ふんわりした可愛らしさの詠夢さんは、絵を描くのも好きなようでブログやtwitterでも時々描いた絵をアップしてくれています。お父さんのブログや携帯コンテンツも時々手がけているんですよ♪

クリスマスには、サンタの格好をしたお父さんの絵文字も作ったりしています。

結婚を祝福する声もたくさんあがっています

セカオワのSaoriさんは、詠夢さんと同じ学校だったそうで、結婚を知り祝福のコメントを送っています。

「学生時代、ピアノ協奏曲のコンサートに一緒に出た仲です」と親しい関係だったことを説明。「彼女のラフマニノフ、好きだったなあ」とピアノの演奏に惚れ込んでいたことを振り返り、「えむ、結婚おめでとう~!」と同級生にお祝いの言葉を送った。

出典 http://www.oricon.co.jp

いつか、さだまさしさん、佐田詠夢、ゴスペラーズで家族共演のステージも見る事ができるかも。ラブソングも多く歌っているゴスペラーズ。甘く幸せな時間を永遠に過ごしていって欲しいですね。

あらためて、北山陽一さん、佐田詠夢さんおめでとうございます!

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス