今シーズン、日米合わせて4球団目のマイアミ・マーリンズでプレーしているイチロー選手。

チーム事情や年齢から、3、4番手の外野手という見方をされながらも、ベテランとして若手の手本となるなど存在感を見せ、出場機会があれば、役割をキッチリとこなし、活躍されています。

そんなイチロー選手。プレーや達成した数々の記録もさることながら、その独特の言動やエピソードも注目されていると思います。

テレビや雑誌などでは度々取り上げられていますよね。

今シーズンも入団から現在まで様々なイチロー選手らしい言動やエピソードが生まれています。

その中からいくつかまとめてみましたので、ご覧ください。

新しい環境へ行くことは重いものじゃなかった

まずは入団会見のコメントから。マーリンズへ移籍することについて。

そんな重いものじゃなかったですよ。こんなことは若いうちにしかできないって思うから。これは行くべきだって思いますよね。若いというのはまだ平均寿命までは39年くらいあるので、そういう観点から捉えると、という意味ですよ。

出典 http://www.hochi.co.jp

そしてテレビなどでも度々取り上げられていましたが、実にイチロー選手らしいファンの方へのメッセージ。

新しい場所に行って、新しいユニホームを着てプレーすることに決まりましたが、これからも応援よろしくお願いします…とは僕は絶対に言いません。

出典 http://www.hochi.co.jp

応援していただけるような選手であるために、自分がやらなくてはいけないことを続けていく、ということをお約束して、それをメッセージとさせていただいてもよろしいでしょうか

出典 http://www.hochi.co.jp

入団が決まり、マーリンズのキャンプでの出来事。会見でのコメントを自らいじる形で…

胸には、マ軍の球団マスコットとなるカジキマグロのかぶり物をかぶり、「まいあみ」と入ったジャージーを着たイチローのイラスト。

出典 http://www.hochi.co.jp

「おうえんしてくださいなんて~いわないよ じぇったい~」と平仮名で印字されていた。1月に行われた入団会見での自身のセリフと、槙原敬之の名曲「もう恋なんてしない」の歌詞を掛け合わせたフレーズだった。

出典 http://www.hochi.co.jp

この手書きのようなほのぼのとした字体に、“ヘタうま”なイラストとは一転…。何と背中には、硬派なイメージのゴシック体で「応援よろしくお願いします」。エ~ッ! どっちやねん!?

出典 http://www.hochi.co.jp

開幕戦でもオリジナルTシャツを着用。

「ただ、緊張してパフォーマンスが上がることはない。その中で結果を出していかないと」。球場入り時の服装は、殺虫剤キンチョールをもじった「キンチョースル」Tシャツ。何度経験しても、開幕戦の空気は独特だった。

出典 http://www.nikkansports.com

このTシャツ。様々な種類があり、連日、テレビのスポーツニュースで取り上げられていましたが…反響もあったのか、大変だったようで…

「字体もどうするか考えながら、いろいろ大変なんですよ」

出典 http://www.hochi.co.jp

シーズン開幕…そして

ここからは試合後のコメントを中心に。

プロ23年連続。今、シーズン第1号ホームランを放った後のコメント。

若手選手が多いベンチで手荒い祝福を受けて…

尊敬されているのか、なめられてるのか、どっちか分からん」と満面に笑み。地元の大歓声には、ベンチからスタンドに向かって帽子を振って応じた。

出典 http://www.hochi.co.jp

「チームメートもファンの人もあんなに喜んでくれたら、泣きそうやね。僕の想像してないことをやってくれる。それに応えられてよかった」。日頃から感情を表に出さない41歳は、移籍後初アーチに珍しく感慨深げだった。

出典 http://www.hochi.co.jp

「結局みんなが楽しくさせてくれているから。僕がそうしたくてもできることではない。こんなこと初めての経験」

出典 http://www.hochi.co.jp

マーリンズファンへ向けたメッセージから。

「もしも、チームは0-10で負けていても僕はベストを尽くします。なぜなら、マーリンズのファンは僕に対してここまで良くしてくれたからです」

出典 http://full-count.jp

攻守で見せ場を作った試合でのコメント。

好守から好打のつながりを「気持ちいいよね。その流れは、野球のきれいな事柄のひとつだからね」と満足げに話した。「いつもそう思っているけど、なかなかうまくいかないのが野球。今日は、そういうところが形になった」。

出典 http://www.nikkansports.com

「(緊張感を保つ難しさを問われ)野球は団体競技でもあるけど個人競技でもある。そこ(準備など)をきっちりやらないと、ということ。それを放棄してしまうと本当に終わりだから」

出典 http://www.sanspo.com

ビデオ判定で死球の判定が覆ったことに対して…

胸元への153キロ速球が左手をかすめて球審が死球を宣告するも相手がチャレンジを要求。

出典 http://www.nikkansports.com

ファウルへと判定が覆り、結局三ゴロに倒れた。「当たってなかったら、あんな(左手を触る)ことやらないよ。なかなかスゴい。すてきです」。

出典 http://www.nikkansports.com

チームの主砲が離脱したことについて…

スタントンの離脱についてイチローは「あんなホームランを僕は打てないし、そんなんね(笑い)。タイプがまるっきり違うし、性別が同じだけですからね。もうそれ以外は全部違いますから。だから、穴を埋めようなんて、そういう考えにはならないでしょう。誰も代わりはいないもんね」と話した。

出典 http://www.nikkansports.com

チームメートだったヤンキース・田中将大投手と会話したことについてのコメント。

「チームメートとしてコミュニケーションを取ったことはほとんどなかったけど、今日は初めて(会話が)行って返ってとなって、成立したのかなと。彼に遠慮があったのは分かっていたので、悪い意味ではないけど」

出典 http://www.nikkansports.com

「距離は近くても気持ちは遠いということがあるじゃないですか、人間関係って。大人になると、そういうのがよくある。離れると気持ちが近くなる、そういうことかな。まあ、1回、真剣に対戦したというのが大きいんじゃないですかね」。

出典 http://www.nikkansports.com

代打でバントヒットを決めたことについてのコメント。

「(三塁線にバント安打)あの位置(三塁手が定位置)にいてくれればどんなにうまいやつでも僕にとっては別に大したことはない。あの位置なら別に誰が(守って)いても構わない。フェアならセーフだった」

出典 http://www.sankei.com

急遽、出場することになった試合について聞かれて…

「工夫なんて人間ならするでしょ。発表するようなことはないですよ」

出典 http://www.nikkansports.com

オリックス時代の同僚、D・Jことダグ・ジェニングズさんにお会いした時には…

「もちろん、もちろん(日本時代の外国人同僚の訪問はうれしい)。優勝のメンバーだしね。お互い“外国人”を経験しているから、やさしい気持ちになれるというか」

出典 http://www.nikkansports.com

先日達成した、タイ・カッブらを超える日米通算4191安打を達成した際のコメント。

「(敵地で祝福を受け)セントルイスのファンがあんなふうにしてくれるのは全く期待していなかった。うれしい戸惑い。(カッブについては)これから知りたい。これで(米国野球殿堂のある)クーパーズタウンに行く楽しみがまた増えたかな」

出典 http://www.sanspo.com

これまでよく見たような言葉もあれば、若手が多く明るいチームに居ることもあってか、あまり見られなかった楽しそうなコメントが見られるのも面白いですね。

40という年齢がとても重要なポイントになる

41歳で移籍し、野球選手として活躍し続けるイチロー選手。

引退も見えてくる年齢ではありますが、「現役を続けること」についてイチロー選手はどう見ているのでしょうか?

入団会見の際に今後達成されそうな記録について聞かれたコメントから。

 「もちろんチャンピオンになること、節目の数字をクリアすること。このことはとても大事なことではありますけども、その目標があるから、という理由だけでプレーを続けるということではありません」

出典 http://www.hochi.co.jp

人はそういった分かりやすい数字だとか、目標、これを求める傾向にあると思いますけども、それは自由であっていいとも思っています。人の口に戸は立てられず、というような言葉もあるように、現代ではいろいろな情報が視覚化されて入ってくるようになりました。

出典 http://www.hochi.co.jp

その中ではそれを抑えるということは難しいので、人がどう思うかということは自由であるっていうふうに思いますけど、僕自身はそれがすべてではないというスタンスでいます

出典 http://www.hochi.co.jp

「記録は意識していない」などの言葉もあると思いますが、らしいな〜と思わせる言葉でまた考えが伝わってくるのが凄いですね。

同じく入団会見から。自身の哲学について聞かれます。

哲学という言葉はとても難しいですけれども。人間が成熟していく段階というのは、40を超えてからというのは、すごく大きな意味を持つ数字になるんではないかというふうに思っています

出典 http://www.hochi.co.jp

野球選手というのは40という年齢がとても重要なポイントになるんですけれども。

出典 http://www.hochi.co.jp

人間として成熟する前に現役を退かなければいけないということは、とてもつらいことです。その過程の中で、40を超えて現役でいることはとても僕にとっては大事なことで。

出典 http://www.hochi.co.jp

その哲学を僕は今持っていないですけども、この先、野球を続けていく中でそういった哲学が僕自身の中から生まれてくることを期待しています

出典 http://www.hochi.co.jp

これから先の現役生活はイチロー選手の活躍を見るだけでなく、哲学が生まれてくる機会と考えて見ると、面白いかもしれないですね。

準備はいつでも…

41歳の今でも現役でいることは引用したコメントにもある通り、大事なことと語るイチロー選手。

全盛期に比べると出場機会は減ってはいるかもしれませんが、常に出場機会は伺っているようで…・

「準備は万全にしておきたい。それは永遠に変わらない目標」

出典 http://cyclestyle.net

というように語っています。

今後もプレーに言葉に…イチロー選手の活躍に期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

シーブックたけのり このユーザーの他の記事を見る

テレビ・芸能・Twitterネタを中心にまとめています。よろしくお願いします。
一応、ライターみたいなこともやっています。
Twitterアカウント@nsbtakenori

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス