「子供には自分の欠点は似て欲しくない。」きっと親なら誰しも思うことでしょう。では、いったいどんなことを親として子供に教えることが一番大切なのでしょうか。今回、イギリスの子育てしている両親にリサーチしてみたところ、興味深い結果が出ました。

1位 「サンキュー」と「プリーズ」が言えること

出典 http://www.daisyjaynedesigns.com

イギリスでは、いつも相手には丁寧な態度で「ありがとう」や「お願いします」、「~ください」などの言葉を必ず言うことが、子供にとって一番大切だと80%の両親が答えています。

我が家でも必ず息子にプリーズとサンキューを言うように日々、注意しています。マナーの悪い子供に育ってほしくないと願う親がやはり多いようですね。

2位 目上の人をリスペクトすること

出典 http://christianity.about.com

1位と同じように、イギリスでは子供の能力うんぬんよりも、子供の態度に重点を置いています。目上の人をリスペクトすることを大切だと教えていれば、自然と態度も丁寧になると考えているようです。

3位 食卓でのマナーがいいこと

出典 http://www.sheknows.com

音を立ててスープを飲まない、肘をついて食べない、フォークやナイフはきちんと持つ、食卓では騒がない、などなどさすが欧米人の子供は、小さいうちからテーブルマナーをきちんと躾けることが大切だと考えている両親も多く、73%という数字が出ました。

4位は「嘘はつかないこと」。これも大切ですね。人としての基本を教えることを最も大切に思うのは当然のことですよね。そして5位に「知らない人と絶対に話さないこと」が挙げられています。

イギリスも小児性愛者による犯罪が後を絶ちません。学校の送り迎えはもちろんのこと、子供を1人で家で留守番させるなどはもっての他のイギリスです。子供を守るために、知らない人とは話をしないこと、を厳しく言い聞かす親が多いのも納得です。

6位 1日2回、しっかり歯を磨くこと

出典 http://discoverykids.com

欧米人は歯が命。歯並びが悪ければ出世できないと昔から欧米では言われていたほど。白く美しい歯を保つには当然子供の時からのケアが肝心。というわけで、6位にしてようやく、子供の行動面ではなく表面的なことが上がってきました。

しかし、「他人に親切に接すること」という性格的な部分を躾けることがやはり大切だと思う親も多いのか、これが7位に入っています。そして8位には「自分に自信を持つこと」、9位には「人の力になること」が挙げられています。7位と似ていますが、誰かの役に立つような子供になってくれることを願う親も多いことがわかりますね。

そして10位 自分が間違ったら誤りを認めること

出典 http://alysonschafer.com

これは筆者も子供に教える非常に大切なことだと思います。子供って、何か悪戯をやらかしても限度がわからなければ、知らない間に誰かを傷つけたりしがち。でも本人は悪気があってしたわけじゃない。

だけど、相手が傷ついたなら非を認めるということを小さい時から教えておかないと、成長してからもなかなか素直に謝れない大人になってしまうのではないかと、筆者は思います。

だから息子が何かして、それがダメだったり悪かった時には必ず認めさせるようにしているし、「ごめんなさい」と言うように躾けています。

気持ちのこもっていない「ごめんなさい」は当然ダメですが、何回も言い聞かせているとやはり理解できてくるものなんだなと経験しています。

出典 http://www.dailymail.co.uk

11位からはスキルを身につけること、いい教育を受けることなどの親の願いが見受けられました。しかし結果としては、イギリス人の両親は、子供が他人にどう見られるかを気にしていることがわかりました。1位~3位が、いかにそれを意識しているかということがよくわかります。

イギリスでは、自分の子供には「いい人」になって欲しいと願う、またはそのように躾けているという親が76%でした。そして、子供への躾けは父と母の両方の仕事だと思う人が71%、躾けは母の仕事と考えている人は24%いたようです。

そして、学校でも教師などのスタッフがしっかり躾けをするべきだと答えた人は51%いたそうです。日本でもいますね、我が子の躾けを先生に任せる?人。筆者は、子育てはやはり親の仕事だと思います。

教師や学校スタッフはあくまでも、子供が社会生活に馴染めるようにリードする人、という意識を持っています。子供は、いつも一緒に生活する親の背中を見て育つと言われるのでやはり躾けを教師に頼るのは間違っていると思っています。

罪悪感を持つ親も51%

出典 http://gettingsmart.com

自分の子供にはきちんと躾けをしたい、でも、仕事も忙しいしなかなかじっくり子供と向き合えない…そんな親が子供の躾けに対し、罪悪感を持っているということも判明しました。

特に外で仕事をしている父親の場合は、子供が起きている時間にきちんと接して、話し、躾けをするというのは時間的に難しいでしょう。でも子供とのコミュニケーションが、躾けの一歩になるので、やはり子供との日々のやり取りは大切だと言えるでしょう。

いかがでしたか?イギリスではこういった結果になりましたが、日本ではどのような結果がでるのでしょうか。色々違いが出てきそうで興味深いですね。

子育ては一筋縄ではいきませんよね。どんなに親があれこれ願っていても、子供は子供で勝手に育って行く場合もあります。

ガミガミ言い過ぎるのも逆効果だし、そっとしておくのも無責任と言われる時もある…やっぱり「子育てって難しい」の一言に尽きますが、子供の態度に心配し過ぎても子供も敏感に感じ取ってしまうので、子供を信用しつつ、大切なことを教える親でありたいなと筆者は思っています。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス