出典 http://linkis.com

いよいよ明日の放送となった、24時間テレビドラマスペシャル『母さん、俺は大丈夫』(日本テレビ系)。そのヒロインに抜擢された女性をご存知でしょうか。

今、時の人ともいえる、女優の清水富美加(しみずふみか)さん。主演の山田涼介さん(Hey! Say! JUMP)が演じる、急性脳腫瘍を煩い、壮絶な闘病生活を送るサッカー少年に片思いするクラスメイトを演じることが発表されています。

朝の顔としてもすっかりお馴染み

現在放送中の朝の連続ドラマ『まれ』(NHK)でも好演を見せている清水富美加さん。先日、同作がクランクアップした際には、主演をつとめた土屋太鳳さんにこんな素敵な言葉を贈る一幕も…。

「1年前の記者会見の時に、『太鳳ちゃんの後光を浴びながら頑張りたい』とふざけて言ったつもりだったのですが、本当にその通りだった。同い年なのに本当にすごい人。尊敬しています」

出典 http://eiga.com

注目の作品に立て続けに出演し、今をときめく存在となった清水富美加さん。その歩みをおさらいしてみましょう。

2008年、「レプロガールズオーディション2008」グッドキャラクター賞を受賞し、デビュー。

2009年3月から2012年3月の休刊まで、女子小中学生向けファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の専属モデルを務めた

出典 https://ja.wikipedia.org

ローティーン向けのファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルとして活躍していた清水富美加さん。その後も、女優やファッションモデル、そしてグラビアアイドルにも挑戦するなど、活動の場を広げていきます。今では、すっかり幅広い世代に愛される女性に!

男性ウケ抜群!かと思いきや…

女性にも愛されすぎていた!

こんなに容姿が可愛い清水富美加さん。同性からちょっぴり嫉妬されちゃいそうですが、実は真逆。むしろ女性からの人気が高いのではと思わせるくらい、同性ウケ抜群なようなんです。

「朝ドラのヒロインなんて言ってしまえば、分かりやすく売れるじゃないですか。売れたかったんです」

『まれ』のオーディションを受けたのも「朝ドラの主人公は売れる!」との思いがあったためと素直に告白。その思い入れはかなり強かったようで、最終的にヒロインの親友役に決まったときには、現実が受け入れられずに断ろうとしたほど。

出典 http://www.menscyzo.com

何とも衝撃の大胆告白を…!ヒロインになれなかったので『まれ』の出演を断ろうという固い意志には驚きました。一見強めの姿勢とも取れますが、それだけ仕事にも本気モードということが分かります。お父さんから「主役の器になるために修行してこい」と激励を受けた清水富美加さんは、まれの親友役に全力で注ぐ決意をしたそうです。

「モテてました」とあっさり告白

『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、「学生時代はモテたでしょう?」という質問が。たいていの芸能人は「全然そんなことありません!」と否定する人が多い中、清水富美加さんはあっさりと「モテてました!」と返答。飾らず、本音を包み隠さないのがとても好印象でした。

愛される理由が止まらない

清水の好みのタイプである"ジャンピングボーイ"というスタッフとのLINEのやりとりを公開するというコーナーに。「ホルモンって最高ですね」など雑談を繰り広げていたが、"延々と肉の話を続ける"途中で唐突に「おえ~~~~~~。」と送信する"など不思議な面も多く、会場を笑わせた。

出典 http://realsound.jp

番組内の名物スタッフ「ジャンピングボーイ」が好みというのにも驚き!このスタッフとのLINE(ライン)のやり取りが、とても親近感を感じることができる内容になっていて、スタジオもお茶の間も盛り上がっていたんです。

気になる!?人との距離の縮め方を学ばさせていただきました…。

だよね。

清水富美加さんのちょっぴり不思議で、明るくフランクな性格が、男女問わず愛される秘密でもあるのではないでしょうか。

ニックネームは“ふみカス”にまで及ぶ(笑)!

嫌みにはならない本音をサラっと言えてしまうところなど、売り出し中の女優とは思えないほど飾らない素顔が魅力の清水富美加さん。可愛いだけじゃない、真っ向勝負な一面は、男女ともに愛されるに決まっていますよね。

意外な素顔を知って、ますます私たちを虜にしていく清水富美加さん。これから活躍を期待すると同時に、またどんな発言で周りを楽しませてくれるのかにも注目していきたいですね。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス