記事提供:まぐまぐニュース!

先祖への感謝の気持ちを忘れない。

お盆やお彼岸のお墓参り。家族そろってお墓参りをする機会が減り、手順や作法に戸惑う人も多いそうです。

今回、そんな現代の悩みにお仏壇で有名なはせがわが、お墓参りのマナーとお墓のメンテナンス情報をまとめてくれました。あなたは、先祖への気持ちのこもったお参りができているでしょうか?

お墓参りの手順

1)お墓をお掃除

墓地に着いたら、すぐにお線香を焚くのは間違い。まずは「水道水」「霊園使用水」などのきれいな水を手桶に汲み、周辺のゴミや雑草を取り除きます。

墓石はまず砂塵やほこりを払い、やわらかいスポンジやタオルを使って水洗いします。墓石に水を直接かけるのではなく、水を絞ったタオルで墓石を磨くようにします。

その後、乾いた布などできれいに拭きあげます。コケや水垢、細部の掃除には歯ブラシを使うとよいでしょう。文字の部分は欠けやすいので注意が必要ですよ。

2)花や供物をお供え

お花は花立の深さにあわせて長さを調整して生けます。お菓子や果物は、小皿にのせて墓前の空いているところにお供えしましょう。

お線香を焚くときにもNG作法が!

3)線香を焚く

お参りの前にお線香を焚きます。お線香は「香食(こうじき)」といわれ、仏様のお食事となります。線香は1〜2本ではなく、必ず束で火をつけるようにしましょう。

4)お参り

家族全員でお参りし、その後ひとりずつ墓前にお参り。故人とゆかりの深い人から順に、しゃがんで墓石より頭を低くしてお参りしましょう。

※宗旨・宗派・地域によって異なる場合があります。

さらに、はせがわのお墓のエキスパートである錦織哲也氏は、さらなるNGポイントも紹介しています。

●タワシでごしごし墓石を洗うのはNG
表面を傷つけてしまう場合があります。

●汚れがひどいからといって洗剤を使うのはNG
シミやひび割れの原因になることがあります。水洗いで十分です。

墓石にお酒をかけるのはNG
シミやひび割れの原因になることがあります。墓前に未開封のまま供えましょう。

●お参り後に、残った水を香炉にかけてはいけません
お線香を焚いた後で熱くなっている香炉に水をかけると、ひび割れの危険性があります。

お供え物は持ち帰りましょう
置いたままにすると動物が散らかしてしまうことも。花と線香以外は、持ち帰るのがマナーです。

お墓だって経年劣化してしまう!メンテナンスチェックのやり方

お墓は、大切にお手入れしていても、長い年月が経てばどうしても劣化していくもの。そのまま放置しておくと大きな破損につながることもあるため、お墓参りの際は以下のチェックポイントを注意してみましょう。

確認しておきたいお墓のチェックポイント

□普通の掃除ではきれいにならない汚れはありませんか?

墓石にこびりついた水垢や黒ずみなどは、プロにクリーニングをまかせましょう。石材の種類や汚れに応じたクリーニングで、きれいに蘇ります。また、霞んでしまった文字も、新たに色入れすることで鮮明な文字が再現できます。

□墓石の目地が割れていませんか?

古くなって目地が欠けたり、もろくなった状態ではお墓が倒壊する危険もあります。特にモルタル目地の場合は、注意して確認したほうがよいでしょう。弾力性の石材用接着剤で目地入れをすると耐震性も高くなり、美しく仕上がります。

□ひび割れや欠けはありませんか?

小さな欠けも大きな破損の原因になる場合があります。墓石や外柵、墓誌などのひび割れや欠けも、自然な仕上がりに修復することができます。

□付属品は大丈夫ですか?

花立や香炉などは、墓石に比べると早く傷みがちです。付属品だけの交換も可能です。

□墓石が傾いていませんか?

放置すると倒壊につながる墓石の傾きやズレ。傾き補整やステンレス棒を組み込むなどの耐震工事を行う場合もあります。また、古くなった外柵も補修したほうがよいでしょう。

今年は、上記のマナーとメンテナンスポイントを確認してからお墓参りに行ってみてはいかがですか。きっといつも以上に先祖、お墓が喜んでくれるかもしれないですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス