洗濯記号が生まれ変わります。

出典 http://bookuma.jp

平成28年12月からお洋服のタグに付いてる洗濯記号が新しく生れれ変わることを皆さんご存知ですか?これまでの洗濯記号は、日本独自の表記だったため日本語が使われていたのですが、これを世界標準と揃えるため、洗濯記号から日本語の表記が削除されることに。これまでの6分類22種類から5分類41種類に増加したため、更に覚えるのが難しくなっています。しかも、この新しくなる洗濯記号が分かりづらいと話題になってます。

新JISの新しい表示記号

出典 http://www.caa.go.jp

慣れないためか分かりにくと話題

出典 https://twitter.com

【左】現規格: 日本工業規格(JIS)に定められた6分類22種
【右】新規格: 国際標準化機構(ISO)の規格に定められた5分類41種 ※増加

見た目には随分シンプルに変わったようですが、乾燥の適性温度表示が細分化されたり、アイロンの適性温度表示が「高/中/低」から黒丸の数に変更されたりと、細かく気が配られているようです。

1968年からずっと使われてきた現行の日本独自の洗濯表示は歴史的な役割を終えることになります。洗濯表示記号にもグローバル化の波が押し寄せてきたんですね。こうした新表示の意味を理解するにはちょっとした“学習”が必要になります。何だか面倒臭そうに感じますが、基本ルールさえ覚えておけば理解できるという声も・・・

実際、洗濯表示は日常生活に欠かせない基礎知識なので必要不可欠なのですが、慣れるまでには時間が掛かりそう。2016年から開始される予定(詳細は未定)ですし、当面は現在の記号も存続する予定のため、急いで全てを覚える必要はありません。ですが、「新しい表示記号に変わるんだ」と意識してた方が慌てずに済むかもしれません。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス