新機能「Keep」を使って一体何ができる?

2015年8月のアップデートでLINEにまったく新しい機能、「Keep」が追加された。(現時点ではiPhone版のみ先行リリース。順次Android版にも追加されるとのこと)
ではこの聞き慣れないKeep、一体どんなことができるのだろうか。
これまでLINEを使っていて不便だったのが、トークの過去メッセージや写真をさかのぼって探すのが面倒なことだ。ひんぱんにメッセージのやりとりをしている相手との過去メッセージをスクロールして探すのは非常に面倒だ。

ノートやアルバムよりも保存に特化した機能

これまで「ノート」や「アルバム」を使って大事なメッセージを保管するという方法もあったが、今ひとつ使い勝手が悪かったのも事実だ。
そしてノートやアルバムは、自分が追加したメッセージや写真ががトークルームにあらためて表示されてしまうため、保存したことが相手にもわかってしまうというデメリットがあった。
だがKeepは保存したことがバレないというのが一番の利点だ。
また、自分が保存した写真やメッセージを、一覧で表示できることも便利なポイントだ。

実際にKeepを使ってみよう

例えば友だちから送られてきた待ち合わせの場所や時間のメッセージをKeepで保存したい場合、メッセージ部分を長押しすると、「コピー、Keep、削除、転送」と表示されるので、この中のKeepをタップすれば良い。写真の場合も同様。拡大表示した状態でも写真上を長押しすればメニューが表示される。
たったこれだけで、メッセージが保存できるのだ。
では、Keepしたメッセージや写真を見るためにはどうしたらいいのか。
使い方はカンタン。トークルームでメッセージボックスの「+」ボタンをタップして表示されるメニューから「Keep」をタップすればいい。Keepを表示すればその友達とのやりとりでKeepした内容をすぐに見ることができる。

Keepした内容を見る時はトークのメッセージボックス左にある「+」をタップする

キープした内容が一覧表示される。上部タブで種類ごとに見ることも可能

Keepの将来は無料の写真保存庫に?

LINEの公式ブログによれば、将来的にKeepはスマホのアルバムから直接保存できるようになるとのこと。大事な写真をKeepに保存しておけば、すぐにLINEで友だちに送信したり、タイムラインにアップできる。
もちろんKeepに保存しておけば、スマホのアルバムから削除してしまっても大丈夫だ。

LINEが「オンラインストレージ」として位置づけるこのKeepは、これまでのLINEの使いにくかった部分を補いながら、さらにこれから期待でき様々な可能性に期待したい。

LINEなどに関する各種情報の詳細は筆者のWEBサイトでも紹介しています。

LINEで合コン相手を一瞬で識別する方法はこちら

LINE@登録でいち早く最新情報をゲットできます

登録QRコードはこちら

出典 http://line.me

スマホならURLタップで登録できます

LINEのブロックが気になる人は↓

この記事を書いたユーザー

原久鷹 このユーザーの他の記事を見る

IT、スマホ系書籍の執筆
All About LINEの使い方ガイド
http://hisataka.net
LINE@で最新情報配信します
http://line.me/ti/p/%40mmz0178i

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス