南アフリカのイメージ

南アフリカと聞くと何を思い浮かべるでしょうか?
サファリや広大な大自然など、ちょっと荒地をキャンプするイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかしながら私たちの国、日本からほど遠いこの土地には、実は魅力たっぷりなラグジュアリーな旅行を楽しめる世界が待っているんです。

今回はそんな南アフリカのラグジュアリー旅行プランをご紹介します。

南アフリカ航空でアフリカへ

南アフリカへは南アフリカ航空の利用が便利です。
日本から香港乗換でヨハネスブルグまで運行しています。
スムーズな乗継とスターアライアンスに加盟していることもあり幅広いネットワークで世界をつないでいます。
また、世界だけでなくアフリカ国内も充実したフライトネットワークをもち国内線の運航便数はトップクラスです。

一度は見てみたい広大な滝、ヴィクトリアホールズ観光へのフライトチケットの路線も利用しやすくなっています。

憧れの豪華列車の旅

ヨーロッパの王室が好んだロイヤルブルーにちなんで名づけられた列車、走る最高級ホテルと言われる「ブルートレイン」
ギネスブックにも、「世界一の豪華列車」と記載されています。

プレトリアからケープタウンまで約1,600kmを約27時間かけて走ります。

ダイニングでは大自然を眺めながら贅沢なお料理やワインを楽しめ、ラグジュアリースイートまで用意されているお部屋では列車の中とは思えないほどの至福の時間を過ごせます。

また、他にはロボストレインという100年前の列車を使用した超豪華寝台特急も走っており、お食事を楽しむ車内のレストランではドレスコードもある豪華さ。
列車好きにはたまらない旅になりそうです。

リアルサファリとラグジュアリーロッジ

サファリというと、あまりキレイではないイメージがありますが、南アフリカには極上のラグジュアリーサファリロッジがたくさんあることで有名です。

特におすすめなのがクルーガー国立公園内にあるホテル「シンギタ・レボンボ&スウェニ」です。

この公園は私営保護区となっているため、誰でも入れるわけではなく、ゲスト以外はサファリをすることができません。
そのためこのホテルに滞在しているゲストは混雑を気にすることなく、大自然の中を駆け巡る多くの動物を眺められるんです。

部屋は全室スイートルームとなっていて豪華なバスルームやサファリを見渡せる広いプライベートデッキなど贅沢に滞在を過ごせる空間が用意されています。
もちろんお食事も最高級。更にはロッジ内にはプールやスパの設備もあります。

ここに滞在するだけで他の国では味わえないアドベンチャーとラグジュアリーを一緒に体験できるんです。

町全体がパープルに。ジャカランダの季節

毎年10月頃はジャカランタという紫色の美しい花が満開になります。

特に有名なのが首都プレトリア。
約7万本ものジャカランダが満開になり町全体がパープルに染まります。

マラリアの心配がないサファリ地区

マディクエ動物保護区はボツアナとの国境付近にあるサファリ地区です。
標高が高いため蚊によるマラリアの心配がないことからお子様連れのご家族にも人気のあるスポットです。

佐藤健さんも写真集の撮影で訪れています。
「アフリカに行ってみたい!」という佐藤さんの夢を叶えると同時に、映画など多数の作品に出演されている佐藤さんの体も気遣って、危険の少ないこちらでの撮影になったようです。

ここでも居心地のいいホテルに滞在でき、サファリ体験の朝は大自然の中で珈琲と朝食。夜はサンセットカクテルの用意がされるなど貴重なラグジュアリープランを楽しむことができます。

このように実はあまりラグジュアリーのイメージをもたれていない南アフリカへの旅ですが、近年ではハネムーンの利用など南アフリカでしか体験できない豪華なプランを満喫すべく、多くの観光客が訪れています。

また、南アフリカはワインの生産地でも有名でワイナリー巡りをして美味しいワインを楽しむこともできます。

今は円安で海外への旅行も控えている方も多いかもしれませんが、南アフリカの通貨である「ランド」も今は安いのでお得に滞在でき、おすすめのタイミングです。

南アフリカ航空を利用して是非、ラグジュアリーなアフリカの旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Amemi このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス