●こんな植物見たことない!“ウルトラ植物”ってなに?

その名の通り、今までに見たことのないような希少植物=“ウルトラ植物”(約50種類)が一同に会した「ウルトラ植物博覧会」が東京・銀座で開催されています。

ぐにゃっとした形をしたものから、きれいな花が咲いているもの、セクシーな形をしているものなど…今までの“植物”の概念が変わるような、摩訶不思議な植物が展示されていて、思わず見入ってしまいます。

●こんな植物見たことない!

出典 http://www.po-holdings.co.jp

ぐにゃりと曲がった樹から、葉っぱが生えている“ウルトラ植物”から…

出典 http://www.po-holdings.co.jp

複雑に生えた枝から、淡い紫色の一輪の花が咲いている“ウルトラ植物”から…

出典 http://www.po-holdings.co.jp

不思議な形と色をした果実がついている“ウルトラ植物”まで。

●“ウルトラ植物”の幅広さに驚き!

「ウルトラ植物博覧会」に行った方々からの写真が続々アップされていますが、どれも珍しいものばかり。植物は日々成長しているので、もしかしたら会期中も植物の違う顔が見られるかもしれません。

間近で見られるのも魅力的です。

“ライオン殺し”という和名がついています。

黄色の果実は“不老不死の珍果”と呼ばれているそうです。

植物って、こんなに豊かな表情をしているんですね。

●“プラントハンター”西畠清順さんがセレクト!

1980年生まれ。幕末より150年続く花と植木の卸問屋、花宇の五代目。
日本全国・世界数十カ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。2012年、ひとの心に植物を植える活動“そら植物園”をスタートさせ、植物を用い様々なプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。

出典 http://www.po-holdings.co.jp

西畠清順(にしはたせいじゅん)さんは、「NHKスペシャル」や「情熱大陸」にも出演していて、かなり注目されている方です。

●“プラントハンター”ってどんな職業?

"プラントハンターとは、イギリスで17世紀ごろから活躍した職業で、主に王族や貴族のために有用植物や観賞用の植物を、海を渡ってまで探しにいった人たちのことをいうらしい。時代は移り、現代になって、おれの仕事は諸国の王族や貴族のためのときももちろんあるが、それだけでなく、世間のさまざまな需要に応えて日々植物を収集、 供給している。"

出典 http://from-sora.com

“プラントハンター”という職業があったとは…興味深いです。

●植物を運搬するのはとても大変!

出典 http://from-sora.com

大きなコンテナに慎重に運ばれている植物。輸入するのも大変です。厳しい植物貿易所での検査、保護植物であればワシントン条約の規定、植物の性質に合わせて時期や距離などを考慮した輸送方法など、さまざまな要素をクリアし初めて実現可能となるといいます。

●会場でもらえる「植物図鑑」も素敵!

出典 http://www.po-holdings.co.jp

↑このサイトで「植物図鑑」を見ることができます。それぞれの植物には、キャッチコピーがついていて、これを見るだけでも十分楽しめます。

それぞれの植物が丁寧に紹介されています。

図鑑も素敵な作りです。

●開催期間は8月16日(日)まで!

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス