草食系男子という言葉が生まれて早幾年月。
女性にあまり積極的ではない男性が増えたことにヤキモキする女子も少なくないのでは?

でも、そんなパッと見は恋愛に興味がなさそうな彼らも、その大半は、実は、“本当のところは恋愛にしたい”という人が大多数なんだとか。
何せ、人間だって動物。
よりよい子孫を残すための本能はもともと持っているのです。

とは言え…

イマドキ草食系男子たちには、いわゆるバブル時代の肉食男性のように「オトコならガツガツアピールしてなんぼ!」というようなパワーはありません。

その理由としては、

●景気の良い状態を知らずに育ったため、“確実に手に入るかわからないもの”を追うことに労力をかけたがらない
●男女平等が定着してきた社会に育ったため、「女性をリードしなくては!」という気持ちが薄れてきた

などが挙げられます。

そのため、そんなイマドキ男子たちの気持ちを動かすためには、“好意をしっかりアピールし、自信を持たせ、告白させる”ことが大切。

でも、いきなり好き好きアピールをしたのでは、「軽い子だなあ」、「強引な子は苦手…」と思われておしまい。
大切なのは、“男性としての本能をくすぐり、無意識に好きにさせてからの好きアピール”なのです。

今回は、そんなイマドキ草食系男子の本能を呼び覚ます3つの超カンタンな方法をご紹介します♪

その1.頑張れば手に入りそう!と思わせる

“追いかけないと手に入らない”女性がモテたのは昔の話!

たしかに男性には狩猟本能があり、逃げる獲物を手に入れたくなる傾向はあります。
ですが、イマドキ草食系男子たちは、“手に入るかどうかわからないもの”を追うことに大きな不安を持っています。
先にも挙げたとおり、景気の良い状態を知らずに育ったことに加え、ネットを介して現実をよく知ってしまっていることが原因なのだそう。

だからこそ大切なのは、“軽くはないけど、8割方手に入りそう!”という絶妙なさじ加減!

【実践ポイント】
●こちらから一方的に連絡をしすぎない。かといって無意味な駆け引きもしない。
●“好意”は全身で表す。でも“好き”は言わない。

その2.守りたい!と思わせる弱さがある

男性には保護本能があるため、女性の弱さや危うさに思わず、「俺が守らないと!」と恋愛スイッチが入るそう。
とは言え、甘えきり、頼りきりの女性は重荷に感じてしまうのがイマドキ草食系男子。
大切なのは、“カレの重荷にならない範囲での弱さを見せる”こと!

【実践ポイント】
●少し重いものを持ってもらう、ちょっとした軽い悩みを打ち明けてみるなど本当は自分でカンタンにこなせることを、可愛く頼ってみる
●してくれて当然という態度や、金銭的に頼ることは絶対NG!

特徴3.いい香りがする

男性にはよりよい子孫を残すための生存本能があるため、普段から、無意識のうちに五感を使って女性を審査しています。
そんな五感の中で嗅覚は、最も動物的な本能を呼びさますといわれる感覚。
カレがあなたをいい香りと感じるか、イヤなニオイと感じるかが運命の分かれ道と言っても過言ではありません。

【実践ポイント】
●男性の本能をくすぐるのは石けんやシャンプーのやさしい香り。イマドキ草食系男子はキツすぎる香水の香りは不快に感じる人が多いよう。
●ワキ、デリケートゾーン、足など普段は隠れてる部分のニオイケアも抜かりなく!

▼さらに詳しくはこちらから▼

この記事を書いたユーザー

コイスルカラダ このユーザーの他の記事を見る

恋愛、セックス、人間関係、身体のこと…。デリケートな悩みを抱える女性が一歩前に進むことを応援する情報発信サイトです。

得意ジャンル
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス