記事提供:カラパイア

生物界における恐るべき「寄生」のメカニズムがまた一つ明らかとなった。

宿主を洗脳し生かさず殺さずの状態で一方的に利用し、用済みとなったら殺してしまう寄生生物は数多く存在するが、クモヒメバチの幼虫は、クモの体液を貪りながら成長を続け、殺す直前に自らが安全に蛹になれるよう、強固な網を作らせていたことが判明した。

以下の文章は、この研究論文を発表した研究グループの代表である神戸大学の高須賀圭三博士がカラパイアのお友達の為に特別にわかりやすく書きおろしてくれたものである。

昆虫の世界は寄生者であふれている。しかもダニなどの栄養略奪者だけではない。映画のエイリアンと同じく、寄生のあかつきに必ず宿った相手を殺す『捕食寄生者』という恐るべき昆虫が、ハチやハエ類を中心に万種のレベルで地球上を席巻しているのだ。

昆虫の世界は、少しでも油断するとやつらの餌食となってしまう恐ろしい世界でもある。

クモを奴隷化するクモヒメバチの幼虫

優れたハンター、クモも例外ではない。クモヒメバチというクモを専門に宿る寄生バチがいるのだ。

クモヒメバチはクモの背中表面に卵を産みつけると、孵った幼虫は大胆にもクモを生かしたまま外側から体液を奪っていく。この間、クモはいつも通り網を張るし、餌も捕る。

幼虫は、クモを生かすことでクモの防衛能力を利用できるし、餌を捕らせることで幼虫の食料であるクモの健康や体重を維持することができるのだ。

しかし、この動的平衡状態はいつまでも続かない。

エイリアン昆虫であるクモヒメバチは、蛹になる前にクモを殺してしまう。寄生バチ類の幼虫はみな脚がないが、クモヒメバチの幼虫はクモを殺すこの時にだけ、背中にマジックテープ式の微細刺毛のついた突起が現れ、クモの網に自力でぶら下がることができる。

この状態でクモを殺し、体液を残らず吸い尽くす。カラカラになったクモは捨て去られ、幼虫はさなぎになるためにまゆを紡ぐ。

出典 YouTube

クモを殺して網の上でまゆを紡ぐクモヒメバチ

殺す直前にクモの脳神経を操作し強固な網を作らせる

ここまではクモが網を維持してくれていたが、クモを殺してしまうと誰も網をメンテナンスしてくれない。捕虫に長けた網は非常に繊細で、風雨や飛翔生物の衝突によって簡単に朽ちてしまう。

網の上で10日以上を蛹で過ごすクモヒメバチの幼虫は、この問題を解決するために、蛹になる直前、つまり捕虫させる必要がなくなった段階で、クモの体内に何らかの物質を注入してクモの脳神経を操作して網を都合よく張り替えさせてしまうのだ。

出典 YouTube

クモヒメバチに操作されるギンメッキゴミグモの全造網過程

研究グループが、円網を張るギンメッキゴミグモに寄生するニールセンクモヒメバチ(記事の写真はすべて本種)を使ってこの生態を詳しく調べたところ、ハチに操作されて作り変えられた網の特徴が、通常時に作る網ではなく、脱皮時に作る網と酷似していることがわかった。

操作網

死の間際に作らせた網も脱皮時に作る網も、捕虫に使われるらせん状の糸は無くなり、少ない本数の糸で中心を支えている。

さらに両者の最大の特徴は、本数の減った糸に綿のような装飾がつけられているということだった。

脱皮前のクモも操作されたクモも4対目の脚を使って綿状の糸を直線糸に吹きつけている。この特徴的な行動と糸こそが、ハチが脱皮用の行動を操作のモデルとしている重要な証拠となった。

出典 YouTube

クモヒメバチに操作されて装飾糸を発現させられるギンメッキゴミグモ

脳神経に脱皮時と似た指示を出し紫外線を反射する強固な網を作らせる

なぜわざわざこのような装飾をつけるのか?この装飾は反射特性の測定によって紫外線をはね返していることがわかった。紫外線は人には見えない色であるが、鳥や昆虫はよく見えることが知られている。

脱皮前後の脆弱なクモや蛹になったハチが、何のためにこの装飾を用いているかもう明らかだろう。この装飾は、飛翔生物がぶつかって網を壊さないようにするための信号機能を果たしているのだ。

ハチの操作はそれだけにとどまらなかった。材料力学的手法を用い、脱皮用の網、操作された網に使われている糸の強度を計測し、比較したところ、操作された網は外周部で3倍以上、中央部で30倍以上の強度を誇っていた。

つまりハチはクモに何度も糸を張らせることで脱皮用の網よりも、更に強化した網を作らせていたのである。

我々研究チームは、次のテーマとして操作の最中のクモやハチの体内で起こる変化に着目し、操作のメカニズムを解明することに全力を尽くしている。

これまで、クモヒメバチの幼虫がクモを食べ殺して通常時とは異なる網を作らせていたことはわかっていたが、操作の明確な起源は不明だったそうだ。

ということで高須賀博士にとてもわかりやすく興味深い文章を書いていただいたことに心からのありがとうを伝えるとともに、お約束のあの言葉を言っておこう。

「クモヒメバチ…恐ろしい子ッ!」

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス