8月も終盤ですが、厳しい残暑のせいでなんだかぼんやりしていませんか?

今回は、そんなぼんやり頭をスッキリさせるのにぴったりな脳トレ系モーフィングクイズを紹介します。その動画を作ったのは意外にもあのトヨタ。「トヨタがなんで??」そう思った人もとにかくチャレンジしてみてください。すべての挑戦が終了すると、頭がスッキリするとともに「なるほどトヨタだわ」と腹落ちするはずです。

その前に、“モーフィング”ってなんだっけ?

モーフィングとは、ある画像を別の画像へと自然に変化させるグラフィック処理技術のこと。

特殊撮影のひとつで、人がロボットやエイリアンに変形するなど、ハリウッド映画やミュージックビデオなどでもよく見かけるあの映像です。

今回紹介するトヨタの「ALPHARD MORPHING QUIZ(アルファード モーフィング クイズ)」は全7問。本木雅弘さんと北川景子さんといううっとりするような美男美女をモデルに、地球の裏側アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスで撮影した魅惑的なシーンからの出題です。画面の一部がいつの間にか変わります。

美男美女に見とれていて気づかなかったわ…なんてことになるかもしれませんが、各問題の見出しに書いたヒントを参考にどこが変わったのか当ててみてください。

Q1:“顔つき”に注目!

出典 YouTube

“顔つき”といっても、本木さんの方ではないですよ。見とれたい気持ちは分かりますけど。

Q2:ムーディな演出ですねぇ

出典 YouTube

こんなに大きな本がゆったり読める空間ってすごくないですか?しかもライトが…。

Q3:ちょっとホラーっぽいです

出典 YouTube

注目すべきポイントはあえて書きませんが、気づいたらあんな所がこんなことに…キャーッ!

Q4:細かすぎるこだわり

出典 YouTube

なるほど。この部分のちょっとしたカーブデザインが変わるだけでも、横顔のスタイリッシュ感が増すというわけですね。

Q5:ずっと見ていたい

出典 YouTube

こんなにアップでこんなに美しい!見とれるしかないですね。何度見返しても損はありません。何度も見てゆっくり変化を探してみてください。

Q6:豪華な図書館はトラップ

出典 YouTube

画面を圧倒するこの図書館!一体どこ?セットじゃないの?いろんな疑問が邪魔をしますが、豪華な背景に惑わされないことです。

Q7:ノーヒントで

出典 YouTube

最後の問題はノーヒントでチャレンジしてみてください。

トヨタがモーフィングクイズを出題した理由

クイズは以上です。いかがでしたか?すぐに変化に気がついた人も、本木さんと北川さんに見とれていてなかなか変化に気づけなかった人も、残暑でぼんやりした頭がスッキリしたのではないでしょうか。そして、今回のモーフィングクイズをトヨタが出題した理由も気づいたことでしょう。

そうです。全7問の「ALPHARD MORPHING QUIZ」は、7年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタの「アルファード」の“変化”が主題だったんです。

フルモデルチェンジのキーワードは“大空間高級サルーン”

アルファードは、従来にはない新しい高級車の概念を創造することをめざして開発されたクルマ。圧倒的な広さと使い勝手を持ちながら、高級セダンに匹敵する乗り心地、性能、質感を持ったゆとりに満ちた大空間を堪能できます。

“豪華勇壮”で堂々とした顔つき

出典 http://toyota.jp

フロントグリルの堂々とした品格にヘッドランプのシャープな輝き。目を凝らすほど“豪華勇壮”な顔つきに、思わず心を奪われてしまいそうです。

ファーストクラスレベルの高級感と乗り心地

出典 http://toyota.jp

アルファードの最上級グレード、エグゼクティブラウンジは、ゆとりあるシートサイズや上質な肌触りのセミアニリン本革シートなど極上の心地よさを叶えたセカンドシートを採用。快適でラグジュアリーな空間なら、乗るたびにリッチな気分でくつろげること間違いなしですね。

「ALPHARD MORPHING QUIZ」で、ぼんやり頭がスッキリしたと同時にアルファードの世界観も堪能できたのでは?この機会にアルファードを詳しくチェックしてみてください。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス