記事提供:カラパイア

アメリカでは、非行少年少女に刑務所を見学させ更生をうながすプログラムがあるのは前にもお伝えした通りだが(関連記事)、その様子を撮影したドキュメンタリー番組 「スケアード・ストレート」がA&E局で放映されている。

13歳のイーサンは、窃盗や暴力行為を繰り返し何度も警察沙汰になっていた。その悪影響が兄にも出始めた為、両親はこの刑務所の更生プログラムを受けさせることを決意。イーサンは1日刑務所体験を余儀なくされた。その結果…

出典 YouTube

まずは看守らに脅される。すでにイーサンは半泣き状態

囚人らがいかに狂暴で、刑務所がどんなところかを聞き、涙を流すイーサン

ガラス越しからの野次が飛ぶ、ガラスに唾を吐かれ恐怖で震えるイーサン

そしてクライマックスは囚人からの説教タイムだ。

1日の入所体験を終えたイーサン。なんと問題行動はなくなり、学校の成績も上がったそうだ。

よっぽどの恐怖体験だったのだろう。実際にこのプログラムは身に余る恐怖を体験させることで更生を促すものである。

もちろん最初は、自分の問題行動を自覚してもらい、それがいかに良くないことなのかを徹底的に教え込むのだが、それでも効果が見られず問題行動を繰り返す子供たちには、

アメリカの場合には、こういった恐怖のトラウマを植え付けて「悪いことをするともっと悪いことが起きる」とインプットさせるやり方を取ることもあるようだ。

もちろんそれは少年だけでなく少女にも行われる。

出典 YouTube

ていうか「スケアード・ストレート」は何年も続いているほどの人気番組なので日本語版のDVDがあれば確実に売れると思うんだけど、どっかの会社で配信してもらえないかなー。ストリーミングでもいいので。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス