世界中で大人気のヘアカラー:マニックパニック、ご存知でしょうか。

出典 http://forcise.info

ヘアカラーの仕上がりを見ると、もの凄く痛みそうだと思いますが、「絶対痛まないヘアカラー」ということで、世界中で愛されているそうです。今日はマニックパニックの商品や実際に使用した方の感想を中心にご紹介します。

マニックパニックカラーはアーティストからセレブまで、メディアで目にする著名人達の御用達カラー!

髪の毛のベースの明るさを(ブリーチやアルカリカラーで)調整したあとに塗るタイプのカラーで、トリートメント効果をあわせもちます!

その最大の特徴は「発色」「ツヤ感」「安全性」

発色: 見る者のセンスや芸術性をくすぐるマニックパニックは、最高級の彩度の高さへと髪を染め上げます。

ツヤ感:著名なセレブ達がマニックパニックを選ぶ理由は、最高級のツヤと手触りにあります。

安全性:米国ではピーター賞を受賞。動物実験を行わず、欧米各国の品質チェックをクリアしています。ダメージや不快臭の元となる成分は、当然未使用です。

出典 http://www.spinns.jp

早速、Twitterのマニックパニックの感想をまとめました。

学生さん等は、夏休み等の長期休暇のときに使ってみるのでしょうか。

ポイント:白髪染めには不向きです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

様々なカラーがあるマニックパニックですが、白髪染めには不向きです。

シャンプーをする度に、徐々に退色します。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

●シャンプーをするたびに、徐々に退色していきます。
●濃い色味の場合、3回目位のシャンプーまで強く色が出ます。
●バスタオルに色がつく場合がありますが、洗濯していくうちに落ちます。
 ※シャンプーヘッドやホース、お風呂場のタイル、浴槽等は、色が落ちにくい場合がありますのでご注意ください。

出典 http://www.manicpanic.jp

裏を返せば、カラーが日々変化していくので、同じカラーでは飽きてしまう方には良いかもしれませんね。

実は、優しい成分で作られているマニックパニック。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

● 基本的に、マニックパニックカラークリームには皮膚や髪の毛のタンパク質に対して害を及ぼす成分は入っていません。

● マニックパニックカラークリームが日本で使用されて以来、かぶれやアレルギーの報告は受けていません。

● MANIC PANICは2007年、アメリカで「PETA(ピーター)賞」を受賞しました。動物愛護を目的に、専門化と一般から行われる投票で選ばれた意味は大きく、「安全性」「動物実験を行わない」という現在の主要国トレンドの先を行くものでした。近年、様々な面で安全性が注目される中、MANIC PANICに対する新たな評価が生まれています。

出典 http://www.manicpanic.jp

カラフルなヘアカラーでファッションをたのしむ!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

原色などのカラフルなカラーリングは、髪の毛が痛むことが気になり、なかなかトライができなかったと思いますが、マニックパニックは髪の毛や頭皮にも優しい成分で作られていること、カラーリングのキープ期間も短めですので、これを機に挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス