出典 https://twitter.com

記事提供:FunDo

みなさんはご存知でしたか?イタリア(ローマ市)では毎年8月6日前後に、広島・長崎原爆忌の式典を古代遺跡「パンテオン(万神殿)前広場」で行っています。

【今年の様子(写真は昨年のもの)】

日本での知名度が低いこともあり、日本人が全く参加していなかったと伝えています。

【昨年の様子】

ローマ市のアレマノ市長は今年4月、歴史教育の一環として市内の高校生らとともに広島を訪問。折り鶴を広島・平和記念公園の「原爆の子の像」にささげる行事を実施するなど、被爆問題への関心が強いそうです。

原爆忌の式典に対して寄せられていた声

そして、ローマ市は以下のような取組みも推進しています。

ローマに「広島・長崎通り」誕生へ

ローマ市は同市の通りの一つに、被爆地である広島・長崎の名称を付けることを決めたそうです(2015年中に通りを選定)。「両市への連帯を示す」ことと「若者に(被爆の悲惨さの)メッセージを伝える」ことを目的としています。

原爆は人類に対する罪であるということを、イタリアがさまざまな取り組みで伝えてくれています。このような取り組みは、もっと広く知られていなければならない事だと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス