記事提供:カラパイア

このリストに入っている映画の多くは多額の費用をつぎこんで作られている。だが、映画製作は油断のならないビジネスだ。

見落とされた小さなミスがネットを通してたちまち広まってしまう。うっかりミス、ロジックに破綻のある2015年のベストNG映画をあげてみよう。

20. フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

隷属趣味、支配趣味、サディズム、マゾヒズムがてんこ盛りの映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の中で、アナ(ダコタ・ジョンソン)が、クリスチャン(ジェイミー・ドーナン)と一緒に卒業式に出席し、写真を撮ってもらうシーン。

カメラマンに笑ってと言われてアナは笑ったはずなのに、新聞に出た写真は笑っていないし、アナの位置も変わっている。

19. ミニオンズ

3Dコンピューターアニメ映画の『ミニオンズ』のワンシーン、スチュアートがミニオンそっくりな消火栓に夢中になる。のちにバッキンガム宮殿に住むことになったとき、彼がその消火栓ふたり?と一緒にジャグジーに入るシーンがあるのだがこれが問題。

この形の消火栓はアメリカのもの。イギリスのものはまったく違い、どう見てもミニヨンと間違えるはずはないのだが。

18. インシディアス3

恐怖に飛び上るほどのホラー映画『インシディアス』3で、十代のクイン(ステファニー・スコット)が悪魔に惑わされたあげく、車にはねられ両足にギブスをつけるはめになる。

悪魔にとりつかれたとき、ギブスがとれて足がさらに悪化するが、悪魔が去るとクインは普通に歩いている。なぜ?

17. カリフォルニア・ダウン

パニック映画『カリフォルニア・ダウン』のワンシーン、レイ(ドウェイン・ジョンソン)がヘリを空中で旋回させて妻を助けようとして、ヘリのホバリングボタンを押す。

このシーンのさまざまなバージョンが映画のポスターにもなっているが、ひとつ問題がある。実際のヘリコプターには、ホバリングボタンなどない。

16. スパイ

このアクション映画の中で、メリッサ・マッカーシー演じるスーザンが、かっこいい黒いヒールを履いてオートバイにまたがるシーンがある。

ところが、次の瞬間にはその高いヒールがフラットヒールになっている。こんなに素早くおしゃれなパンプスから実用的なパンプスに履き替えられたのだろうか。

15. スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!

『スポンジ・ボブ』シリーズ第二弾。スポンジ・ボブがタイムマシンを操作しようとするが、パトリックのコントロールが間に合わずに恐竜を解き放ってしまい、タイムマシンが破壊されてしまう。

もう使えないはずなのに、直後にはマシンがまたちゃんとそこにある。

14. ターミネーター:新起動/ジェネシス

このシリーズ最新作の中で、サラ・コナー(エミリア・クラーク)が、自分が9歳のときの1973年にターミネーター(アーノルド・シュワルツネッガー)が現われたと言っているが、サラの墓石には彼女は1959年生まれと刻まれている。

単純計算すると1973年では14歳のはずなのだが。

13. エクス・マキナ

このSFスリラー映画の中で、ケイレブ(ドーナル・グリーソン)が隔離された研究施設へ向かう。そこで、機密保持契約書にサインをするのだが、誰もペンを取り上げていないのに、いつの間にかペンの位置が違っている。

12. ゲット・ハード

このコメディ映画の中で、ジェームズとダーネル(ウィル・フェレルとケヴィン・ハート)が悪党のヨットに忍び込むシーン。ふたりとも海に飛び込んで泳いでヨットに近づくのだが、船に乗り込んだときに不思議なことに服がまったく濡れていない。

11. キングスマン

このスパイアクション映画の中で、十代の悪ガキ、エグジー(タロン・エガートン)が警察署に連れて行かれ、そこで携帯電話をかけさせてもらうシーンがある。

広角ショットでは電話はないのに、近づいて映したシーンでは急に携帯電話が現われる。これは、きっと携帯電話ではないのだろう。

10. ピクセル

このSFコメディの中で、宇宙の侵略者を連れて空からやってきた奴は誰だろう?ペーパーボーイか?いや、それはないはずだ。

この映画の中でエイリアンによって発見されるクラシックビデオゲームのキャラは1982年のもの。ペーパーボーイは1985年にならないと出てこないのだから。

9. ジュラシック・ワールド

Iレックスがジュラシックワールドを襲ったとき、公園管理者たちがコントロール室のスクリーンで、撃退にあたった兵士たちがひとりひとりやられていくのを恐怖の面もちで見ている。が、どうしてみんなまったく同じ心電図波形なのだろうか?ありえない。

8. HOME

このコメディアニメ映画で、小さくてキュートなエイリアン、オー(声:ジム・パーソンズ)が歯でトイレブラシなどあらゆるものをきれいにする。衛生面で問題があるし、彼はこんなことができるはずがない。

というのも、この種類のエイリアンは、地球にくると、トイレのような不必要なものは排除してきたことになっているのだから。

7. チャッピー

ヨハネスブルグが舞台のSF映画。残念ながら製作者の誰もこの国のパトカーのことをよく調べなかったようだ。南アフリカでは警察車両のナンバープレートは、GPではなくBで終わることになっているのだが。

6. Unfriended

このホラー映画は、完全にソーシャルメディア世界が舞台だが、フェイスブック通の観客がほくそ笑むようなちょっとしたミスを犯している。例えば、ブレアのフェイスブックメッセンジャーの日付フォーマットが、映画が進行するにつれ変わっている。

5. ジュピター

この宇宙もののドタバタ映画。ジュピター(ミラ・クニス)がケイン(チャニング・テイタム)と一緒に逃亡し、途中でケインが負傷して出血。ジュピターが盗んだ車の中から生理用ナプキンを見つけて傷に当てがう。

そこまでは見事なアイデアだったが、吸収性のある側を傷に当てればもっとよかった。

4. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

パワーストーンについてふれているこの映画は、たちまち観客を惹きつけることができる。アベンジャーズがパワーストーンについて知らないことを除けばの話だ。

これはマーベルコミックの前作『ガーディンズ・オブ・ギャラクシー』で発見されたが、まだアベンジャーズの映画とはクロスオーバーしていなかったのだ。

3. ウーマン・イン・ゴールド

若きマリア(タチアナ・マズラニー)を乗せて、ナチに占領されたウィーンを飛び立つのに使われたこの飛行機がかなり面倒なことになっている。この飛行機はアメリカ製のダグラスDC-3。空港でナチが気がつかなかったのだろうか?

2. Insurgent

SFアクション映画『ダイバージェント』の続編でも、トリス(シェイリーン・ウッドリー)とフォー(テオ・ジェームズ)は楽しくやっている。セックスシーンで、トリスが服を脱ぐとブラはしていないのだが、このシーンに続く前の流れの中では、ちゃんとスポーツブラをしている。

1. マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画の中で、マックス(トム・ハーディ)が銃を撃てないので、フュリオサ(シャーリーズ・セロン)が肩代わりする。

マックスの肩を支えにして銃を構え、問題なく発砲するのだが、実際にはこんなに耳の近くに銃口があったら、しばらく耳が聞こえなくなってしまうはずだ。

だが、マックスはこの後もずっとそんな様子はまったく見せない。

出典:scribol

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス