記事提供:しらべぇ

女性のみなさん、最近電車の中や街中で見かける「脱毛」の文字。以前と比べて、はるかに多いと感じませんか?

最近、脱毛の値段は、高校生でも払えるくらいの価格に。低料金でできるワキ脱毛に加えて、近ごろでは「デリケートゾーン」の脱毛もリーズナブルになっているようです。

女性に拡がるこうしたブームに対して、男性はどう感じているのでしょうか? 全国20~60代の男性665人に調査を実施しました。

結果、半数以上の男性が自然のままを支持。次いで「薄めにケア」が続きますが、ツルツルの無毛を好む男性も1割を超えています。

■無毛のメリットは意外に多い?

しかし、欧米ではむしろ「無毛」にケアするほうが一般的と言われています。そこで、オーストラリアの元議員候補でポルノスターのアンジェラ・ホワイトさん(完全無毛主義)に、無毛のメリットを聞いてみました。

Q. いつから無毛なんですか?やっぱり外国では「無毛」って当たり前??

アンジェラ:大学生になるころには全て処理を終えてるわ。周りのみんなも無毛が多いわね。アメリカの友達だってみんな無毛よ。私は、とても清潔そうに見えるところが好きだわ。

出典しらべぇ

Q. 無毛って、男性にひかれたりしないんですか?

アンジェラ:プライベートと仕事を含め、100人くらいの男性とエッチをしてきたけど、喜ぶ人はいても、嫌がる人は誰一人いなかったわ

出典しらべぇ

外国の人は特に無毛が好きなよう。確かに、外国のエッチなDVDをみても、自然のままの人はほぼ見られません。ほとんどの女性、そして男性の多くもツルピカに処理をしているのです。

ちなみに、「薄めにケア」をしている2、30代女性に、なぜそこのケアにお金と時間をかけたのか聞いたところ、

・はみ出ている人を見て、それを見て恥ずかしいと思ったから

・生理のときに清潔

・周りもみんなやってるし、処理は普通にするものだと思っていた

・エッチのとき、男性ウケがかなり良いから

出典しらべぇ

とはいえ、完全に脱毛が終わるまでには何年もかかるうえ、痛みも伴うのだそう。費用はおよそ6万~15万くらいかかりますが、それでもみんな口を揃えて、「やってよかった」と言います。

今後、脱毛女子が増えていくなか、無毛の良さを知る男性が増えて自然派を好む男性が減っていくかも?この際、思い切ってデリケートゾーンの処理に踏み切ってみるのもいいかもしれませんね。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国の男性665名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス