2000年7月に発行された2000円札

出典 https://ja.wikipedia.org

表には、沖縄の守礼門 裏には、源氏物語絵巻がデザインされた2000円紙幣。
発行当初は、新しい紙幣への珍しさから両替希望者が多かったものの2000年からはや10数年が経とうとしている現在。2000円札を目にすることは滅多になくなりました。

なぜ2000円札は、流通しなかったのか。考えられる理由は2点あります。

1:両替機や自動販売機が2000円札に対応しなかった

切符を買うための販売機や飲み物を買うための自動販売機。
世の中には自動販売機で溢れかえっています。しかしそのほとんどが2000円札に対応していないのが現状です。
新たな紙幣に対応するためには、機械を入れ替える必要がありそのコストを考えた時、ほとんどの自動販売機が対応しないという選択をしたというのが現状でしょう。

2000円札を仮に持っていたとしても自動販売機では一切使えず、使いにくい紙幣として扱われる結果となってしまったのです。

2:日本では馴染みのない数字だった

2000円札が発行されるまで日本には、1円,5円,10円,100円,500円,1000円,5000円,10000円と1または5で始まる数字の貨幣しか存在しませんでした。
そのため2000という2で始まる数字に馴染みが薄かったため、新しい貨幣を受け入れにくかったのかもしれません。
アメリカでは20ドル、イギリスでは20ポンド、ユーロ圏では20ユーロ紙幣が流通しています。それは、昔から20という数字の貨幣が存在したため受け入れられる文化があったためではないかと思うのです。
日本にも昔から20円等2で始まる貨幣が存在していたら、2000円札が出てきた時ももっと容易に受け入れられる環境だったのではないかと思います。

それではこれから、日本で2000円札が流通するために必要なことは?

2000年を記念して、発行された紙幣ですがただの記念紙幣では終わらずこれから日本の貨幣の一つとして広く流通させていくためには何が必要なのでしょうか

1:自動販売機を2000円札に対応させる

前述の通り、2000円札が流通しない最大の理由は使いにくさにあると思います。
自動販売機や両替機が2000円札に対応することで、使いにくさは大幅に改善されると思うのです。また、お釣りでも2000円札を積極的に発行することで、2000円札に触れる機会が増えると思います。

日本の文化を変えることは容易なことではありません。しかし、私たちの生活に徐々に浸透されていくことで2000円札を流通されることは可能であると考えます。

2:2000円札で払いやすい価格設定にする

例えば映画料金が2000円だったとしたら、2000円札1枚で簡単に払うことができ、2000円札を使いやすくなります。
お釣りをもらわず紙幣で払いきれる代金というのは、非常に使う側にとっても便利であると思うのです

ここまで私なりに、2000円札が今流通していない理由と今後流通させるためには何が必要なのかという観点で書いてみました。
あなたならどんな理由が思いつきますか?そしてどんな方法で流通させますか?

この記事を書いたユーザー

Lily_jun このユーザーの他の記事を見る

フリーライターです。今しかできない旅をする!をコンセプトに、国内外いろんな所に出かけ記事を書いています。誰でも知っている名所から、知られざる名所までいろんな情報を提供できたらなと思います!よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス