アメリカの運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)が、一般人に飛行機持ち込み禁止のものを幅広く知ってもらう為、空港での押収物をインスタグラムが公開する事にしたのですが・・・この押収物がとにかくすごいんです。

1・拳銃

出典 https://instagram.com

さすが銃社会アメリカ。2014年に空港で押収された銃は、なんと2212丁もあるのだとか。しかも、その8割上には、しっかりと実弾が入っていたそうです!!

2・手榴弾

出典 https://instagram.com

手榴弾の押収物も多く、沢山の写真が掲載されています。これが見つからずに機内に持ち込まれていたらと考えると怖いですね。

出典 https://instagram.com

中にもこんな手榴弾も!と思ったら、オモチャの手榴弾でした。しかし、オモチャでもレプリカでも、手榴弾型の物は、押収されてしまいます。

3・爆弾、ダイナマイト

出典 https://instagram.com

即席爆弾装置。ちなみに目覚まし時計を使った時限式ダイナマイトもありました。

出典 https://instagram.com

こちらのダイナマイトは、実際にはレプリカだったそうですが、これはヒヤリとしますね。レプリカと申告しても、実際には本物である可能性を考慮して専門家が調べなければならない為、迷惑なのでやめてほしいとの事です。

4・対戦車兵器

出典 https://instagram.com

まさかと思いますが、なんと機内持ち込み鞄から見つかったのだそうです。戦車相手に戦う武器を機内に持ち込んで、何をしようとしていたのか・・想像するだけで恐ろしい!

5・肉切包丁

出典 https://instagram.com

機内持ち込みの手荷物から見つかったそうです。現地では調達するのが難しそうだから持ち込もうとした様ですが、これはちょっと無謀ですね。ちなみに「梱包して預かり荷物に入れれば大丈夫ですよ!」とコメントがついてました。

6・鎌、斧

出典 https://instagram.com

出典 https://instagram.com

これも機内に持ち込むには、いくらなんでも無謀すぎます。そもそも、なぜ、これを持ち込もうとしたのでしょう・・・?

7・手裏剣

出典 https://instagram.com

手裏剣も、押収物の中ではかなり多い方に入ります。本物だけでなく、レプリカやオモチャでも押収されてしまいます。ちなみに、こちらは本物、なんと6枚刃!の手裏剣です。

8・謎の武器

出典 https://instagram.com

この謎の武器は一体?!星球式鎚矛と呼ばれる物の一種の様ですが、殴打用合成棍棒で使用する場合もあるそうです。この写真の物が、試合用なのか、実用なのかは不明ですが・・・

9・クマ撃退用のスプレー

出典 https://instagram.com

これ、本当にクマ相手に使うのでしょうか。それともまさか機内で・・・。

10・スマートフォン型スタンガン

出典 https://instagram.com

このタイプは定番らしく、かなり沢山押収されています。

11・大量のマリファナ

出典 https://instagram.com

ちょっと大胆すぎる密輸です。

12・仕込み刀

出典 https://instagram.com

ステッキから剣が出てくるだなんて、漫画や映画の世界の様ですが、これも定番らしく沢山の写真がUPされています。

出典 https://instagram.com

剣の本体にもエッフェル塔が書かれている所をみると、お土産物なのでしょうか。

13・仕込みナイフ

出典 https://instagram.com

鍵かと思ったらナイフ

出典 https://instagram.com

口紅かと思ったらナイフ

出典 https://instagram.com

クシかと思ったらナイフ

14・生きた動物

出典 http://www.buzzfeed.com

このウナギを持ち込もうとした人は、他にも魚なども密輸しようとしていたらしいです。

出典 https://instagram.com

靴下の中から出てきた絶滅危惧種の鳥。履いてない靴下がこれだけ膨らんでいたら、どう見ても怪しまれると思うのですが・・・

出典 http://www.buzzfeed.com

ストッキングの中から出てきた蛇。確かに丸めたストッキングと丸まった蛇は似ているかもしれませんね。

15・人骨

出典 https://instagram.com

旅行者が購入した素焼きの鉢の中からの押収品です。持ち込んだ本人は、まったく気がついていなかったのだそうです。知って良かったのか、知らない方が良かったのか・・・。

いかがでしたか?


USA運輸保安局の押収物は、日々、更新されています。もっとスゴイ押収物がUPされるかもしれませんので、ぜひ、チェックしてみてください。

こちらの記事もオススメです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス