お子さんがいらっしゃる方の中には、お子さんがよそのお宅へ遊びに行く、又は子どものお友達が自宅に来るという場面があるのではないでしょうか?

しかし、よそのお宅へお邪魔することでトラブルが起きることも少なくありません。

そこで今回は、子ども同士のお家の行き来で注意したい点について紹介したいと思います。

1. 礼儀正しく

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最低限「こんにちは」「お邪魔します」「お邪魔しました」などの挨拶は、きちんとしないと失礼です。子どもとは言え、よそのお家に上がるのですから元気よく挨拶をすることは徹底しましょう。

また、訪問する側の親御さんが訪問先の親御さんへ挨拶をしないことでトラブルになることも…。

いくら子ども同士の交流でも、お邪魔する側ですから親御さんからも一言挨拶をした方がベターと言えるでしょう。

実際にこんな声も見られました。

親御さんもどうすればいいのか、悩んでいました。

お邪魔する側であれば、丁重に挨拶をしておけば少なくとも気分を害することはないので、挨拶はきちんとしておいた方がいいかもしれません。

2. ゲーム機について確認する

出典 http://www.gettyimages.co.jp

持ち運べるゲーム機などは、子ども同士のコミュニケーションツールにもなりつつありますが、家庭によってはゲームを一切禁じていることもあります。そのためゲームをめぐってトラブルになることが少なくありません。念のため先方に確認してみましょう。

Twitterでは子どもの立場、親の立場の双方からこんな意見も上がっていました。

少なくともお邪魔するお宅のルールは守らなければいけませんが、そのルールでお子さんがお友達と過ごしにくい場合もあることは、忘れてはいけない気がします。

3. 手土産

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お友達の家にお邪魔する際に、お子さんに手土産を持たせる親御さんは少なくありません。

大人同士であっても、ちょっとした物を持って行くことはマナーでもあります。

しかし、この良かれと思っての行動もトラブルに発展することがありました…。

アレルギーを持つお子さんが増えているため、そもそもお友達の家でおやつを頂いてはいけないという決まりのある学校もあるそうです。

他にもオーガニック志向のお母さんが、スナック菓子をおやつに出したお母さんとトラブルになった話などもあり、飲食物は各自が持参するようにしている家庭も…。

昔とは変わってしまいましたね。

さて、ここまでは基本的なことを紹介しました。

しかし、家庭でのしつけ、さらには親御さんの人間性を問われるような問題が起きてしまうこともあります。

ここからは絶対にしてはいけないことについて紹介します。

まずはこちらをご覧下さい。

4. 勝手に冷蔵庫を開けない

当たり前のことだと思うのですが、お子さんの中にはよそのお家で勝手に冷蔵庫を開けることがあるそうです…。

子どもとは言え、よそのお家にお邪魔させてもらっているのです。

非常識なことですし、親同士のトラブルに発展することもありますから、各家庭でしっかりお子さんに話しましょう。

5. 物を盗まない

これも当たり前のことですが、ある特定のお友達が家にくると物がなくなる、などの経験がある方は少なくありませんでした。

言わずもがな、よそのお家の物を盗むのは立派な犯罪です。

絶対にしてはいけません。

6. 通された場所以外の部屋に勝手に入らない

これも当たり前なのですが、あろうことか親御さんの寝室にまで入って行くお子さんに苦慮しているケースが見られました。

失礼に当たることですから、絶対にさせないようにしましょう。

あまりにもマナーが悪いお子さんに対しては、出入り禁止にするといった対応に出ている親御さんもいました。

出入り禁止処分

また、そもそもトラブルになることを避けるために、どんなお友達であろうと家に上げずに外で遊ばせるという家庭も増えてきているそうです。

訪問先のお宅のルールに従わなかったため、注意をしたら遊びに来ていたお子さんの親御さんが逆切れしたという話もありました…。

トラブルを避けるためには、お家以外の場所で遊ぶことを選択せざるを得ないのかもしれません。

子ども同士の交流は大切ですが、礼儀やマナーありきの話。

訪問先のお宅で失礼なことをしないように、親子で話し合う時間はきちんと設けたいですね。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス