年収がいくらあれば生活ができるのか?

実際に口に出していう人はいませんが、結婚相談所などでは相手への条件として「年収」を出すことがあります。恋愛をして、好きになった相手の年収を確認してお付き合いをするということは、あまりないと思われます。

単に恋人で終わる関係であり、生活は別でお互いに資産を持っている状態であれば問題ないのですが、生活を共にする・財産を共有する「結婚」となれば中々難しい部分があります。借金も財産のひとつです。

では実際に、一体どのくらい年収があれば平均的な生活」ができるのか?を考えてみました。

月々の生活費を把握していますか?

まず、ひとつの基準となるのが「現在の生活費」です。一人暮らしでも家計簿をきちんとつけていますか?適当にお財布に入れたお金がいつの間にかなくなったから、またATMから下ろして使う・・・なんてことをしていませんか?

一人暮らしでも、自分の財政の把握は大切です。それが「自分の最低限の生活」だと考える基準値となります。金銭感覚や価値観というものは千差万別であり、人によって我慢の限界度も変化します。

「まさか」というような浪費家と感じても、相手にとっては「普通」かもしれません。お付き合いをしてる段階で気づくことは多いと思いますが、金銭感覚や価値観というものはものすごく大切です。それを自身で知るためにも、家計簿は大切な水準となるのです。

ソレは本当に必要経費?よく考えて!節約できない?

一人暮らしをしていると誰からも制約がかからず、つい贅沢をしがちになります。しっかりと貯蓄をしている人・カード払いでやりくりをする人ときっちり別れる傾向が強いようです。

お金がたまってから欲しいものを買う人は、基本的に借金生活を嫌います。お金がない状態で、ボーナスが出るから!と先のお金を当てにして我慢ができずに購入する人は、どんどん先のお金を使うため最終的に収拾がつかなくなり大変厳しい状態になりかねません。

こういった金銭的な計画性は結婚するにあたって、超重要ポイントとなります。散財するパートナーは誰も必要としていません。お互いに助け合い、お互いに支えあえるパートナーであるように「お金」に対する認識を「堅実に」持っている人が結婚に向いているのではないか?と考えます。

夫婦で暮らすにはこのくらい必要!

専業主婦になるかどうかのボーダーは、夫の年収700万円という試算です。
なので、年収600万円だと、専業主婦にはなれるけど、生活は厳しいという感覚は、間違っていなそう。

出典 http://xn--qckyd1ctc516w4ojea3779afa2822b.com

年収が上がれば徴収される税金の額も上がりますので、年収が600万あったとしても住宅のローンなどを抱えていれば「ギリギリ」のラインです。貯蓄も何とかできるけれど、本当にギリギリという感じだそうです。

とはいえ、手取りで20万あれば年間240万です。生活できそうじゃない?と感じますが、家賃がなければ生活は何とかできるかもしれません。将来的な面や、子どもの有無に関するなど、結婚をすればお金がかかることがいっぱい存在します。

「ギリギリだけど、大丈夫!」は、基本的に「大丈夫ではない」と考えたほうがよさそうです。世帯年収が700万近くいくと、安定した生活が送れるのではないでしょうか。

共働きでギリギリ生活できる!では厳しいことも・・・

共働きをした状態の試算で「ギリギリ生活できるね!」という結果が出た場合は、厳しい生活状況になることが考えられます。子どもを考えず夫婦二人の生活だとしても、老後の貯蓄などがまったくできない状態になります。

普通に生活するだけでお金はかかります。家電製品や車は消耗品です。意外と高価なものが10年ピッチで買い替えということが発生します。持ち家だったとしても修繕は必ず出てきます。つまり、それを補う貯蓄が必要です。

その日暮らしの生活は、結婚生活において大変厳しく、得てしてその経済状況で結婚を選ぶ必要があるのか?という答えが導き出される可能性のほうが高いです。お金がない状態になれば、心に余裕が持てなくなりピリピリした雰囲気の家庭になりやすいです。

「愛さえさえあれば!」といいますが、お米を買うにはお金が必要なのです。無駄遣いをせず、ずっと先の将来を見据えて賢くお金を使える人は、性別問わずモテるでしょうね(笑)

▼関連リンク お金にまつわる人には聞けない話

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス