夏バテしていませんか?

毎日暑く、体調を崩したり、夏バテになっしまったという人も多いのではないでしょうか。

冷たいものばかり口にしていませんか?

暑いからと冷たいものばかり口にしていると、その時は涼しいのですが、内蔵が急激に冷やされるので、消化器官の機能が低下してしまい、その結果食欲が落ちて夏バテになってしまいます。そして食欲がないからまた冷たいものだけ…正に負のスパイラルです。

冷たいジュースやアイスクリームは多量の砂糖が

冷たくて甘いものには、常温の甘いものより多量の砂糖が含まれる事が多いそうです。冷たいものと常温のものの砂糖の量の違いが出るのはなぜなのでしょうか?

甘みは冷たくすると感じにくくなります。溶けたアイスクリームを舐めてみたら、冷たい時よりも甘いと感じたことはありませんか?こういうことだったのです。砂糖を摂り過ぎると、糖質の代謝にビタミンB群が消費されるため、ビタミンB群が不足しがちになります。糖質過多は他にも疲労感、イライラ、集中力低下などの原因になるとも言われています。

出典 http://celebstyle.jp

夏の冷たい甘いものの摂りすぎは疲労感などの体調不良に繋がってしまいます。

冷たいものを摂りすぎるのは逆効果?

人の体は、暑いと汗をかいて体温を下げようとします。でも冷たいものを摂りすぎて急激に体温を下げようとすると、折角の汗が引いてしまい、体の中の熱を逃がすことができなくなってしまいます。ではどうすればいいのでしょうか?

インドにヒントが

暑いインドでは温かい飲み物を摂って体温を下げるのをご存知ですか?体が熱くなっている時こそ温かい飲み物を飲み、体が自分で体温を下げようと汗をかいて体温調節をするというわけです。インドでスパイスたっぷりのカレーが毎食食べられるのもそういう事なのでしょうね!

温かい飲み物を飲みませんか?

上記のとおり、温かい飲み物で上手に体温調節をするのは効果的なようです。
そんなおすすめの温かい飲み物はインドで飲まれる「チャイティー」です。

チャイティーは汗をかいた身体に糖分を補給して、身体を休めてくれる働きを持っています。それに、ラッシーにはシナモンなどのたっぷりのスパイスが入っています。このスパイスが、身体を温めてくれる効果を持っているんです。つまり、身体を温めることによって、代謝を上げて夏バテを防止しているのです。

出典 http://moteco-web.jp

夏バテにも効果がありそうです!

代謝を上げてダイエット効果も!

夏場に限らず、冷たいドリンクを飲みすぎると、内臓の温度が下がり、基礎代謝も衰えてしまいます。基礎代謝の衰えは内臓脂肪がついてしまう原因にもなるのです。せっかく運動しても冷たいドリンクを飲んでしまえば、上がった基礎代謝もまた元に戻ってしまいます。
冷たいドリンクを飲み続けていれば基礎代謝が上がることはありません。そのままにしておくと、どんどん太ってしまうというわけです。
夏太りを防ぐためには、温かいドリンクで、内臓を温めて代謝を落とさない工夫が必要なのです。

出典 http://moteco-web.jp

夏太りを防ぐためにも温かい飲み物で代謝を上げるといいのですね!

温かい飲み物はちょっと…

暑い夏に温かい飲み物は抵抗があるという人は、氷を抜いたりして「キンキンに冷えたもの」を避けてみるのはいかがでしょうか。また、冷たい飲み物を飲むならジンジャーエールがおすすめです。生姜が体を温める効果があり、他の飲み物よりも体が冷えにくいです。そして、内蔵を急激に冷やさないためにもゆっくり飲むといいですよ!

いかがでしたか?

暑いとどうしても冷えたものを口にしたくなりますよね!でも内蔵を急激に冷やすのは良くないという事がお分りいただけたでしょうか。勿論水分は摂らなくてはいけないですが、キンキンに冷えたものは避け、上手に体温調節できるといいですね。

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス