記事提供:バズプラスニュース

日本の建設会社『熊谷組』が台湾に建設中の、超高級次世代マンションが、世界中から注目を集めている。

部屋が広くて豪華?セキュリティーが完璧?超高層タワーマンション?このマンションの魅力は、そんな小さいレベルのものではない。

・自分の部屋に自動車を入れられる

なんと、一戸の価格が36億円から40億円ほどで、そこらへんにいる普通の金持ちでは購入不可能!

さらに凄いのは、自動車やバイクなどをそのままエレベーターに載せて上階まで移動させることができ、さらに自分の部屋に自動車を入れることもできるのである!

・救急車を自分の上階の部屋まで呼べる

つまり、自分の部屋で自動車に乗り、そのままエレベーターで地上まで降りて、ドライブに出かけることができるのである。なんとも贅沢なマンションである。

そもそもの発想のスケールが違いすぎる。ちなみに、エレベーターを使って救急車を自分の上階の部屋まで呼ぶことができるという。

・建物形状はDNAをモチーフ

ベルギー国籍でフランス在住のデザイナー、ヴィンセント・カレボー氏がマンションをデザイン。それを熊谷組が建設するというわけだ。

建物形状がDNAをモチーフとした二重螺旋になっているのもスタイリッシュ。

・合計45か月で完成

このマンション名は『陶朱隠園』(タオヂュインユェン)といい、合計45か月で完成を目指している。もし数十億のお金を払えるのであれば、どなたか買ってみてはいかが?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス