記事提供:いいモノ調査隊

鳥取にやばいカレーがある、と聞いて調べたところ、想像以上にやばいものを見つけました。それがこちら、「華貴婦人のピンク華麗(カレー)」です。

パッケージからもうピンクづくし。貴婦人のイラストは「とっとり山の手 華貴婦人」の4姉妹なんだそうで

「ピンク華麗」は、鳥取にある古民家カフェ「大榎庵」というお店で出されている料理で、これはそのレトルト版。

カフェの近くには、国の重要文化財にも指定されているフレンチルネッサンス様式の西洋館「仁風閣」もあるそうな。そこで欧風カレーで華麗な貴婦人たち…なんですな。

見た目のインパクトにやられました。これはもう、調査するしかない!と決心して購入です。そりゃもう、このポップなピンク色を見たら調べたくなるってもんですよ。この色でカレーですよカレー!使命感を燃やしながら、いざ実食です。

普通のレトルトカレーと同様に、パウチを湯せんで温めて盛りつけ。ホントだ!パッケージどおり鮮やかすぎるピンク1色!

このピンク色の正体は、鳥取県産のビーツという赤い野菜によるもの。ビーツには貧血防止、抗酸化作用、便秘解消などの効用もあるので、安心して食べられる…とのことですが、見た目がやばすぎて体が追いついてきません。

ごはんにからめるとこんな感じです。ごはんとこの色…未知の体験です

ルーの中にカタマリもいくつか。これは鶏肉。後はじゃがいもも入ってました

さて、気になるお味のほうは…結構普通にカレーでした!ほどよくスパイスが効いていてしっかり辛く、見た目に反して意外なほどにおいしいカレーです。

市販のレトルトカレーの中では甘めな部類に入りますが、甘口が好きな人ならいけるんじゃないかと思います。

自分用に試してみるのはもちろん、プレゼントのひとネタとしてイケるんじゃないでしょうかっ!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス