過去に何度かアライグマ関連の記事を書き…

その都度、幼少期に『あらいぐまラスカル』で得た、アライグマのイメージを覆され続けてきたのですが、今回紹介するアライグマも、我々の想像するアライグマのイメージ…。完全に覆してくれるんです。

すでに登場から…違和感丸出しのアライグマ。

久しぶりの食事とあってか、我を忘れてご飯に集中するのですが…

牛乳たっぷりのご飯に、これだけ顔をつけていれば…当然こうなりますよね。(笑)

『プッハァッァ!』

『死ぬかと思った!』

慌てて食べると言うレベルを…遥かに超越した食いっぷり。

横のアライグマに餌を取られないように、全力で餌を食べているのでしょうけれど…

それにしてもこの食べ方…。常軌を逸しています。

そろそろ限界か!?

『危ねぇ!マジで死ぬとこだった!』

いくらお腹が空いていたとしても、さすがにこれは“度が過ぎている”と言っても過言ではない…アライグマの食いっぷり。では、久しぶりの食事に我を忘れるアライグマ。ご覧下さい!

出典 YouTube

ヒャッ(゚Д゚)ハァァア!!!

最後は本当に溺れてしまったのか…なんとも言えない表情をみせるアライグマ(笑)。これは可愛すぎます。

『あらいぐまラスカル』の影響で、日本では愛くるしいイメージが定着していますが、本来、アライグマは気性が荒い生き物で、個人の飼育には向かないとのこと。たしかに、動画を見る分には楽しめますが、自宅でこの食いっぷりを披露されるとなると…躊躇してしまう人がほとんどなのかもしれませんね。

良い意味で、そして、悪い意味でも想像を遥かに凌駕するアライグマ。以上、『ヒャッハー!久しぶりのご飯にテンションMAXのアライグマ。その食べ方が凄すぎる!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス