目を大きくキレイに見せたい…というのは女性だちの永遠の憧れ。最近作ると目が大きくなると、注目されているのが“涙袋”。芸能人でも涙袋の多い人はたくさん!100均コスメを使ったナチュラルなのに“落ちにくい涙袋”の作り方を紹介します。

キレイな人は“涙袋”を持っている…!?

アイシャドウやマスカラ、アイプチなどを使って目を大きく見せる人が多い中、“涙袋”こそが目を大きく見せる鍵だった?

実はキレイな女性芸能人は、ぷっくりとした可愛い涙袋の持ち主が多かったのです。

上目使いがたまらない柴崎コウさん

柴崎コウさんの可愛いとウワサのこちらのCM。キレイな涙袋によって目の大きさが際立っていますね。

出典 http://iconosquare.com

光の加減で涙袋が目立たない柴咲コウさん。いつもより目力がないかも…?

出典 http://iconosquare.com

涙袋がしっかりあることで、目が大きく、セクシーな印象になりますね。

ナチュラルで美しい宮崎あおいさん

宮崎あおいさんの涙袋はぷっくりナチュラル。薄めのメイクでも涙袋によって、印象的な目元に。

奥二重がクールビューティーな黒木メイサさん

奥二重の黒木メイサさんも美しい涙袋の持ち主。涙袋によって、彼女のミステリアスな色気が増幅されていますね。

目の印象を左右する涙袋には色々な効果があると言われています。

向かって左の目はほぼ一重。でも涙袋があることで目の印象が強くなりますね。

涙袋には大きく分けて5つの効果があると考えています。

その5つとは

1. でか目効果
2. 癒し眼効果
3. 3D効果
4. ハイライト効果
5. 小じわ解消効果

出典 http://ameblo.jp

涙袋は目を大きく見せるだけではなく、立体的な目にもなれちゃいます。東洋的な平面な顔だと、より効果が大きく感じられるそう。他にも顔を明るく見せてくれたり、小じわを目立てなくしてくれたりと良い事づくめ!

そんな涙袋を100均コスメで出来る作り方をご紹介します。

ナチュラルな“ぷっくり涙袋”の作り方

目の印象を左右する涙袋メイク。最近は涙袋ライナーなどもあり作っている人も増えていますが、時間が経つと落ちやすかったりします…。大切な人と見つめ合った時に、目の下がヨレて汚くなっていたら大変!

そこで、簡単に出来る正しい涙袋作り方をご紹介します。

1. 目の下にうすく影を作る

目の下のラインと並行になるように、普段使っているアイブロウパウダーで線を引きます。このとき、細めの筆を使って色は淡い色を使いましょう。

アイブロウパウダーが無い場合は、ペンシルでもOKですよ。ペンシルはくっきりと線が残るので、綿棒を使ってやさしく馴染ませてくださいね。

2. パールシャドウを使って“ぷっくり”させる

先にひいたシャドウの上の部分に、パールシャドウを塗っていきます。目頭を中心にのせれば完成!

最近は涙袋ライナーもありますが、これなら白っぽい(うっすらピンクでもOK)シャドウを使って簡単に作れます。また便利なペンシル型も100均で売られていますよ。

“ヨレにくい涙袋”が作れる100均コスメ

落ちやすい涙袋メイクにオススメなのが、アイシャドーペン。ダイソーのエクスプレスアイシャドーペンは落ちにくく発色も優れていると評判です。

セリアのクレヨンアイカラーも書き心地が滑らかで、発色が良いらしく愛用している方が多くいらっしゃいます。

もちろんアイブロウパウダーもなければ100均コスメで買えますよ。

いつもよりも、可愛くセクシーな瞳になれちゃう“涙袋メイク”。落ちにくいと評判の100均コスメでぜひ試してみてくださいね。

こちらの記事も読まれています♪

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス