出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
真っ白な歯は昔から美人の条件といわれます。歯が黒ずんでいたりすると、気になって思い切り笑えなくなってしまうのも、そういわれる原因のひとつとえるでしょう。では、歯の黒ずみは何が原因で起こるのでしょうか?

今回はそんな歯の黒ずみの原因と対策について医師に解説していただきました。

■ 歯の黒ずみの原因は?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

1. タバコやコーヒー、お酒など
飲食物や嗜好品によって着色されてしまい、歯に黒ずみが生じることがあります。タバコを吸われる方や、お茶やコーヒー、ワインなどをひんぱんにたしなまれる方は、そのヤニや液体などに含まれる色素が歯にどうしても残ってしまいます。この着色が原因で歯が黒ずんで見えるようになってしまいます。

2. 銀歯やプラスチックの詰め物など
虫歯の治療で銀歯やプラスチックの詰め物をすると、それが原因となって歯が黒ずんで見えるようになってしまうことがあります。銀歯の金属が水などで濡れることによって金属イオンが口の中に流れだし、他の歯を黒っぽく着色してしまいます。
プラスチックの詰め物も、食べ物や飲み物から水分を吸収することで劣化してしまうため、歯が黒ずんで見えます。

3. 治療や虫歯
神経治療をした歯も劣化により、黒ずんでしまうこともありますし、虫歯が進行することでも黒ずみができます。

4. 歯周病
歯ぐきの血の影響で歯石が黒っぽく歯に残って見えることがあります。

その他に抗生剤の影響で黒ずんでしまうこともあります。


≪口がパサパサしたことありませんか?≫
1分で【ドライマウス】を無料診断!

■ セルフケア&歯科検診で白い歯を手に入れよう!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

歯の詰め物や神経治療をしたこと、虫歯や歯周病、抗生剤などによって起こる歯の黒ずみは、なるべく早めに歯科へ行き、治療や対策を行うことが大切です。虫歯など歯の根本の治療から、セラミック治療なども行われることもあります。食べ物などによる着色による黒ずみは、歯科でしっかりとクリーニングを行うことが効果的ですが、ある程度セルフケアでも対応できます。

寝る前にはしっかりと歯磨きを行って1日の汚れを落とし、食事が終わった後には水やマウスウォッシュで口をしっかりとゆずぎましょう。

【医師からのアドバイス】

黒ずみは放置しておかずにしっかりケアをし、ニッコリ微笑むことができるようなきれいな白い歯を手に入れたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス