探そうと思えば、身近にたくさんいる虫。この時期だと「蚊」などに代表される嫌なやつというイメージが強いですが、実際私達の周りはいろいろな虫であふれています。そんな虫に対してフォーカスした企画を神戸新聞がこの夏限定で公開しています。

夏休み特集サイト「虫顔図鑑~身近なカイブツたち」

出典 http://prtimes.jp

その名も、「虫顔図鑑~身近なカイブツたち」。身近にいるけど、なかなかちゃんと見たことのない虫達の「顔」にフォーカスして紹介しています。

キャッチコピーをつけるなど、紹介方法もユニーク

サイトでは虫たちに親しみをもってもらえるように、編集担当者の「独断と思い込み」もまじえながら、さまざまな表現に取り組みました。各昆虫には擬人化したユニークな名前を付け、カイブツ度を5段階で判定。カイブツらしさはカッコイイ、毛深イ、セクシーなど5つのカテゴリーで細かく評価し、レーダーチャートでわかりやすく示しました。また、表情のアップ写真だけでなく、全身をさまざまな角度から撮影したものも掲載。昆虫の構造美を集めた動画も配信しています。

出典 http://prtimes.jp

兵庫県内の日本甲虫学会関係者や昆虫関係のNPO法人理事らの協力を受け、生態の解説も明記するなど学習的要素も盛り込み、子どもから大人まで楽しめるサイトとなっています。

少しピックアップしてご紹介

月下の魔術師 カブトムシ

出典 http://www.kobe-np.co.jp

子供の頃夢中になったことがある人も多いであろうカブトムシ。月下の魔術師とか、超カッコイイ!

深夜のキューピット マツカレハ

出典 http://www.kobe-np.co.jp

聞きなれない名前のマツカレハ。成虫は平地のマツ林によくいるらしいです。

星をつぐ者 トホシカメムシ

出典 http://www.kobe-np.co.jp

黄褐色のカメムシ。背中に10個黒い点があるのが名前の由来とか。

動画もあります

出典 YouTube

表情のアップ写真だけでなく、全身をさまざまな角度から撮影されています。

すでに多くの反響が

虫が苦手な人はちょっと避けた方がいいかもしれませんが、顔のドアップということでj逆に虫っぽさが無くて新発見があるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス