100均で簡単に手に入る「滑り止めシート」。
 絨毯やソファカバーの下に敷いたり、マウスパットの下に置いたり、地震対策に棚の物を落ちにくくしたり、本来の使い方も幅広いけれど、もっともっと、アイディア次第で使い方は無限大。
 便利なアイディア、集めてみました。

出典筆者

 白、ベージュ、ブラウン、ブラック、グリーン、イエロー、ブルー、レッド、と色のバリエーションも豊富です。
 45✖️80、30✖️100、長方形で巻いてあるものは、必要なサイズにカットするのも簡単。
 使いやすい大きさにカットされた4枚100円のセットもあります。

@キッチン

 キッチンのすぐ使えるところに、小さいサイズの滑り止めシートを、置いておくと、とっても便利です。
 大きなシートをカットしてもいいし、4枚セットの小さいサイズを使ってもOK。

出典筆者

 筆者は、壁の釘に引っ掛けています。こんな風に、すぐに使えるようにしておくと便利です。

きつい瓶のフタを開けるとき。

まな板の下に。

ボール、スライサー、大根おろしなどを固定する。

出典筆者

トレー(お盆)の上に。

引き出しシートに。

@車まわり

トランクに。

 カーブを曲がるときやブレーキを踏んだとき、荷物が滑るのを防いでくれます。

ダッシュボードに。

出典筆者

 最初から車内専用の、こんなシートもあります。もちろん、好きな色のシートをカットしても使えます。
 携帯をはじめ、ちょっとした物を置くのに便利ですね。

@コンピュータまわり

キーボードやマスパットの下に。

番外編:こんな使い方も?!

海外で流行中、滑り止めシートを使ったDIYラグマット

 Tシャツやジーンズなど古着の端切れを、滑り止めマットに結んでつくるDIYマット。色も柄も自在にデザイン。100均の滑り止めマットでもつくれちゃいます。

 本来はラグの下に敷く滑り止めシートで、ラグそのものを作ってしまうアイデア、驚きですね。

 色もサイズもどんどん進化する滑り止めシートで、ライフハックアイディア、広げてください!

この記事を書いたユーザー

渡辺デミオ このユーザーの他の記事を見る

料理をはじめとした美味しい話や、毎日を楽しく過ごすための豆情報、ふだん気になってることなど、ちょこちょこ書いていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス