出典 http://www.gettyimages.co.jp

記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
暑い夏の時期、みなさん熱中症を心配されますよね。実は熱中症に対して熱射病という言葉もありますが何が違うのでしょうか?
今回は、熱中症と熱射病の違いと対策について、医師に解説していただきました。

■ 内臓の温度も高温に!命に関わる熱射病!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

熱射病は、高い気温や室温が原因となっておこりますが、体に本来ある体温を一定に保つための機能が働かなくなってしまい、体から熱をのがすことができなくなるため、汗はかかず、体温も39℃を超える高熱になります。
これは表面の体温だけでなく、内臓などの深部体温も温度があがっている状態です。めまい吐き気頭痛が起こり、ひどくなると昏睡などの意識障害が起き、全身のけいれんなども起きるようになります。

また、様々な臓器が働かなくなり、腎不全や多臓器不全を起こして命に関わったり実際亡くなってしまうことも多くあります。症状に応じて高度な治療が必要となり、治療に緊急を要するため、救急車を呼ぶなどの対処が必要となります。


≪最近異常な汗が・・・≫
1分でできる無料診断で多汗症をCHECK

■ 熱射病は熱中症の症状のひとつ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

熱中症は、暑さによって起こる症状の総称です。熱中症と呼ばれるものは熱射病のほかにも以下の症状があります。

・熱疲労
暑さによって身体が脱水状態になる

・熱失神
暑さによって血管が拡張して、血圧が低下し、脳血流が減少してしまうことで失神が起こる

・熱けいれん
暑さによって筋肉に痛みとともにけいれんが起こる


これら全てを含めたものが熱中症といわれます。

■ 子どもや老人だけでなく健康な大人も要注意!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

熱射病は高齢者や子どもなど、脱水になりやすい人が夏の暑さによってなるものと思われがちですが、実は成人で健康な人でも、炎天下での運動や高温の室内などでの労働などによって急に発症したりします。
高温の環境の中で動いたり働いたりすることはとても危険なので、涼しい環境で休憩をとったり、水分や塩分をしっかりとったりすることで、予防することが大切です。

【医師からのアドバイス】

熱射病の状態が進んでしまうと、回復が困難なため、疑われる場合は速やかに医療機関を受診する必要があります。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス