流れ星を見た事はありますか?夜空を漠然と見上げて見つけるのは難しいですよね。ところが毎年8月12日、13日頃を中心に活動するペルセウス座流星群は、とても見つけやすい流れ星!活動が最も大きな頃に夜空の暗い場所で観察すれば、1時間に最大40個以上の流星を見ることができます!

事前に計画を立ててワインでも飲みながら眺めれば夜空は巨大なスクリーンに!是非素敵な一夜をお過ごしください♪今日は流れ星を見つけるためのポイントをご紹介いたします。

流れ星を見つけるポイントは3つ!

point1 時間…一番見やすいのは8月13日の21時~真夜中!

ペルセウス座流星群の一般的な出現時期は7月17日から8月24日、極大は8月13日頃です。流星数が増えるのは8月の中旬になってからです。放射点は、夕方には地平線の上にあります。しかし、実際に流星を目にし始めるのは、もう少し放射点が高くなる午後9時から午後10時頃となります。明け方まで放射点は高くなり続けるので、真夜中頃から空が白み始めるまで観察しやすい時間帯が続きます。

出典 http://www.nao.ac.jp

point 2…場所観測場所は暗い場所

観測の場所は光の無いところがベストです。人工の明かりで明るい場所、夜まで明るい都市では見つけるのが難しいかも!?せめてネオンが消えた後に空を見上げたら見られるでしょうか?

明るい都内では見えにくい、とは言え「ふたご流星群」ではありますが見れた例もあるので、運がよければ見られるかも!期待大!

point 3 どこを見ればよい?…空全体を眺めるのが良い。

北東のペリウス座付近から、流れ星が流れてきます。しかし、その方向だけを凝視するより、空全体をみるほうが見つけやすいそうです。空の真上は短い間しか光らない流星で、水平線に近くなると長く光って見える流星になるので見つけやすいそうです。

見る方向を気にする必要はありません。ただし、月のある方向を正面にして観察するのは避けたほうがよいでしょう。
流星群は、放射点のある方向だけに流星が出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。「放射点」とは、流星の軌跡を逆向きに延長したときに通る点のことです。例えば、放射点とは反対の方向を見ていても、平均すれば、放射点の方向を見たときと同じ数の流星を見ることができます。

出典 http://www.nao.ac.jp

出典 YouTube

こんな風に見えるので、確かに空全体を見ていたほうが見つけやすいですね。

そもそも流星群、流れ星って何?

流星(「流れ星」とも言います)とは、宇宙空間にある直径1ミリメートルから数センチメートル程度のチリの粒が地球の大気に飛び込んできて大気と激しく衝突し、高温になってチリが気化する一方で、大気や気化したチリの成分が光を放つ現象です。

出典 http://www.nao.ac.jp

流星群、流れ星は「星」という名前こそついていますが、星ではないんですね!小さなちりが、地球の大気圏に飛び込んだときに、摩擦によって高温になり明るく輝いて見えているものなのですね!

ペルセウス流星群ってどこにあるの?

ペリウス座はh+χ PerまたはNGC869とNGC884(二重星団):2つの接近した散開星団。非常に美しい天体である。これらは双眼鏡で見ることができる。これらは地球から7,000光年離れており、それぞれが数百光年離れている。

出典 https://ja.wikipedia.org

って、私にはどこなのかわかりませんが、ペリウス座がすごく遠いところってことはわかりました。でも、そんなところから飛んでくるのでしょうか!?上記の話にもどりますが、流星群とは星ではなく地球の大気圏に入り摩擦熱により光って見えているチリなんです。ペリウス座のある方向から流れてくる流れ星(チリが光っている)を「ペリウス流星群」と呼んでいるんですね。ペリウス座の星が流れてくるわけではないんですね。よく考えたら、遠くからでも光って見える星、太陽のように燃えている星がものすごいスピードで大移動していたら、恐ろしいですね。。。あ、ではハレー彗星は流れ星みたいなものなのでしょうか?

この記事を書いたユーザー

バンル このユーザーの他の記事を見る

保育園と産婦人科で栄養士をしていました。現在育児中です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス