出典 http://cataso.jp

記事提供:cataso

梅雨の季節だけでなく、お風呂はカビが増えやすい場所なのが困りもの。カビが生えてしまったお風呂掃除は本当に大変で嫌なものです。

カビやヌルヌル汚れは適度な湿気と温度を好みますので、乾燥させる事が大切。バススツールや湯桶などのお風呂グッズをほんの少し工夫するだけでカビの発生をグンと軽減できますよ。

1. 吊るせる物は全て吊るしましょう!

一番カビの生えやすい“バススツール”や“湯桶”などは、フックで吊るせるものを選んでおくと便利です。使用したら軽く洗って、フックや浴槽に引っ掛けておくようにすると、乾燥しやすくなりカビを抑制することができますよ。

シャンプーなどの“ボトル”類は、脚付きのラックに乗せたり、タオルバーに掛けるなどして、設置面を減らしましょう。ヌルヌル汚れの防止に役立ちますし、掃除の時もラクチンです。

2. 「オモチャ」は洗濯ネットを使って

出典 http://cataso.jp

浴室用のオモチャもカビの温床になりやすいモノです。子どもの安全の為にも必ず乾燥させておきたいですね。洗濯ネットを使えば、水切りも出来て、そのまま外で干す事が出来るので一石二鳥です。

3. 「掃除道具」もすぐ手の届く所に吊るす

メッシュタイプのカゴに、掃除セットをまとめて吊るしておきましょう。気付いた時にサッと掃除が出来る工夫も清潔な浴室を保つのに必要ですね。ただし、小さなお子さまには手の届かない高さに吊るしてくださいね。

お風呂は常に換気をして乾燥させるような工夫が必要です。置いてあるモノはなるべく宙づり収納にしてヌルヌルやカビの発生を抑えるようにしておく事で掃除はラクになりますし、常に清潔で快適なお風呂を楽しむ事が出来ますね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス