記事提供:バズプラスニュース

台湾の地下鉄・高雄メトロが、萌え系の少女キャラクターをデザインした電車「高捷少女痛車」(高雄メトロ少女痛車)を走らせ、大きな話題となっている。

・痛車化した電車!!

高捷少女(たかめしょうじょ)とは、高雄メトロの公式萌え少女キャラクター。もともと人気のあるキャラクターで、あらゆる宣伝やグッズに起用されてきた。

今回は、国際社会に高雄メトロや台湾を広めるべく、電車全体に高捷少女をデザイン。まるで日本の「痛車」のごとく、電車を痛車化してしまったのだ!!

・どこまで台湾はオタクなんだ(笑)

これを知った日本人からは「萌えキャラクターだけでなく、そのネーミングにも痛車を入れてしまうとは、どこまで台湾はオタクなんだ(笑)!」との声が出ている。

実際に写真を見ればわかるが、ここまで痛車化した電車は日本にも存在しない。やりすぎだ(笑)!!

・ちょっと勇気がいる!?

この痛電車に台湾のオタクは大興奮!!カメラやスマホでバシャバシャと写真や動画を撮り、萌え萌え状態になっているという。

まったく興味がない人からすれば、まったくの異次元。この車両に乗り込むのは、ちょっと勇気がいるかもしれない!?

・台湾が萌えだらけになる!!

高雄メトロの萌えプロジェクトは今後も継続するようで、痛電車だけでなく、駅構内やインフォメーションなどでも、多用していくようだ。

この痛電車は、2015年11月1日まで、台湾高雄市の地下鉄オレンジラインにて運行している。気になる人は、台湾旅行がてら乗ってみはいかがだろうか?

出典 YouTube

出典:高雄捷運FB

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス