記事提供:秒刊SUNDAY

ももクロのコンサート「桃神祭」が7月31日と8月1日に静岡のエコパアリーナで行われ、多くの人が詰めかけました。

静岡県内でも例を見ないほどの話題性となっており、地域の活性化の原動力になったのではないかと考えられますが同時に有る問題が起きておりました。

多くの人が詰めかけた結果、多くの人が小さな駅に集中し帰れなくなったのです。

エコパアリーナが有る愛野駅は静岡県内でも小さな駅。

その駅に何万人という人が押しかければ当然のごとく混雑が起きる。

混雑だけでなく人が将棋倒しになり人命に関わるほどの大事故につながる恐れがあるのは、どこのイベント会場でも同じだ。

以前花火大会で将棋倒しになり人がなくなったという事故も起きているだけに、この混雑は早急に解決させたい。

そこで登場したのは「川上」氏。ももクロのマネージャーだ。川上氏の登場に、モノノフたちは歓喜の渦に包まれた。

やはり帰れなくなる人がいるとクレームにつながるし、信頼性も失われる。とはいえJR側としてはこのように勝手に仕切りだしてしまうのは、越権行為だと感じられてしまい、余計に事故が起こる恐れもある。

ただしモノノフたちはこの行為に「神対応」と称している。

ーネットの反応

・愛野駅に川上登場。 電車動いてないので、バスを手配するらしい
・モノノフのために、川上さんが来てバスの手配をしているとか。
・愛野駅電車出ない→kwkm現る→バス手配してくれるかも?
・規制してるから代替バス手配??
・kwkm愛野駅で代替バス手配中、男前
・高橋名人も来てる。
・高橋名人が愛野の駅の遅延の状況を見に来た
・みんな大好き川上さん
・愛野駅での川上さん達ももクロスタッフの対応に感動する。
・愛野駅、まだ川上さんいてくれてる!
・愛野駅に川上さん
・川上さんたち、スタッフさん駅員さんでなんか色々してたね!
・川上さんも一緒になってみんなを誘導してる。すげえぇぇ
・川上さん対応してくれたバスが続々と!
・川上さんJRの職員にブチギレてた。かっこよかった

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス