記事提供:しらべぇ

永遠に生きるかのように学べ。 明日死ぬかのように生きよ」とは、かのガンジーの言葉。しかし、実際にもし自分の余命がわずかだとしたら、何をしたいだろうか。13,252人が7つの選択肢から選んだ結果を見てみよう。

想いを吐き出したい人は、少なめ

7位 ブログや日記をつける 179票 1%
6位 好きな人に告白する 779票 5%

下位2件には、自分の想いを吐露するものが連なった。6位の「告白」は、される側の気持ちもよくよく考える必要がありそうだ。

欲望に忠実な人は約2割

5位 財産を全て使い切る 1,058票 7%
4位 好きなものを好きなだけ食べる 1,559票 11%

」「」と煩悩を感じさせるものが4位5位に並び、合わせて18%という結果に。しかし、もはや将来の貯えも健康も考えなくてよいとなれば、誰にも止められない選択といえよう。

上位は達観した回答が並ぶ

3位 お世話になった人に会いに行く 2,318票 17%
2位 旅に出る 2,514票 18%
1位 部屋の片づけなど身辺整理 4,845票36%

立つ鳥跡を濁さず」のことわざのとおり、身辺整理を選ぶ人が最も多かった。

3位「お世話になった人に会いに行く」も、残る人への心遣いという意味で、身辺整理に近い精神状態といえそうだ。

2位「旅に出る」。どのような旅かは人それぞれではあるが、これも直接的な欲望とは距離を置いた回答だろう。

20代は食欲優先か

年代別で絞り込みをすると、30代以上の年代ではすべて「身辺整理」が1位である。しかし、20代に限るとなぜか「好きなものを好きなだけ食べる」(20% 47票/232票)がトップに。

一般的に食欲と加齢が反比例することはもちろん、若者の貧困化などさまざまな理由まで想像させられる結果である。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス