先日の27時間TVで月亭可朝さんの『嘆きのボイン』を熱唱し、その堂々たる姿で視聴者を驚かせ大いに盛り上げたMay J.さん。この時の思い切りのよさに、今までちょっとアンチ気味だったファンも大盛り上がりしたとか…。

そこで気付いたんです。

May J.さんの持つ“なんだかいい子”感の奥には、実は思い切りのいいおもしろキャラが隠されいるのではないか…と。隠し持った人には見せられないキャラクターのせいで、テレビをはじめメディアでは“歌のうまいいい子”を演じているのはないか…と。

だから、これまで誰も聞かなかった色々な質問を投げかけてみたら、おもしろいんじゃないかとーーーー!!!!

その名も…「May J. ・キュレーション計画!」

今回取材するにあたって、May J.さんについて調べた時際に気づいたのが歌に関すること以外の情報が少ない事。というわけで今回は、May J.さんの“歌以外”について質問させて頂く許可を貰い、彼女の新たな魅力を発掘するために出かけていったのです…。

May J. さんのMは「マゾ」のM?…まずは彼女の内面に迫ろう!

編集部:突然ですが、Sですか?Mですか?

May:たぶんだと思いますね。きっと、引っ張られたいんですよね、誰かに。そうなると、自分の素が出てくるので。いっぱい弄ってほしいですね。

編集部:そう言われたからには…じゃあどんどん、攻めていきますね!!(お、思ったよりノリも良さそう!これは、面白い答え期待できるかも…♥︎)

編集部:自分の性格を説明すると、どんな性格ですか?

May:シャイですね。人見知りですけど、1回壁がなくなると、「何してるの?」とよく聞かれるような、不思議ちゃんと言われたりもします。

編集部:アメリカンスクールで外国の友達といたらノリノリな感じになりそうですけど…?

May:生まれは日本でずっと日本の学校に通っていたので、結構日本人です。いわゆる「Hey!!」みたいなノリではないです(笑)おとなしいです。

編集部:そうなんですね〜。(…あれ、普通だ。)

編集部:(気を取り直して…)好きな食べ物は何ですか?

May:ネバネバ系が好きで、オクラや納豆、とろろ…どんぶりにして食べるのも好きですね。

編集部:(実はゲテ物が好物とかないか…!じゃあ…)嫌いな食べ物はありますか?

May:白米です。白米だけで単体で食べるのが苦手で、納豆とかければ大好き。塩握りはちょっとまだ味が足りなくて、お寿司は大好き!最近は、毎朝卵かけごはん食べています。

編集部:あー、美味しいですよねー。(もはや嫌いじゃないじゃん…。)

編集部:好きなコンビニスイーツとかってありますか?
May:抹茶が好きで、抹茶のチョコとか、ドーナツとか好きですね。ミスドの抹茶きなこオールドファッションとか美味しいです。

編集部:美味しいですよねー、ミスド。(ミスドはコンビニではないってツッコめない…!)

インターナショナルなことで攻めたら、何かでてこないかな…

編集部:マルチリンガルとのことですが、何語で思考しているんですか?

May日本語です。一人で考えるときは、日本語ですけど、人と英語でしゃべっているときは英語になりますね。

編集部:ですよねー。(またもや普通な答え、キターー!)

May新曲の『Sparkle ー輝きを信じてー』は、最初は英語で歌詞を書いてそれを作詞家の方に日本語訳を書いて頂きました。

編集部:ほうほう。(はっ!気がつけば、May J.さんの得意な音楽の話になっている罠!)

May J. はアレにお怒りのご様子!怒る=嫌なことで“実は器が小さい”とかわかるかも!?

編集部:話していて穏やかなイメージのMay J.さんですが、最近腹を立てたことはなんですか?(にやにや。もしかして、くっだらないことで怒るんじゃ?)

May:私、クーラーが凄く苦手で、乾燥するし体が冷えると歌えなくなるんですよ。楽屋でクーラーがガンガン効いていると結構怒りますね。「なんでこんなに冷えてるの!」って。でも、自分の体とかパフォーマンスに支障が出るってこと以外では、あんまり怒んないです。

編集部:あー、喉は大事ですもんね。(すべての話は歌に続く…と。)

そういえば、May J. さんの趣味ってなんだろう?

編集部:(もう、初心に戻ってお見合いみたいなこと聞いてみよう!)May J.さんのご趣味って何でしょうか?

May:それが…特にないんですよね。

編集部:(ハイ、糸冬 了〜!)

伝家の宝刀、“ディズニー”を持ち出そう!

編集部:1番好きなディズニーの映画は?

May
:『アラジン』です。「A Whole New World」はクリス・ハートさんと一緒にライブでデュエットしていて、アルバムにも収録しているんですよ。

編集部:では、ディズニーランドへ行って必ず乗るというアトラクションは?

May:パイレーツオブカリビアンが好きですね。入り口から近くて♡

編集部:私も…好きです…。(近くて!?好きなの?それ?ねぇ?ねぇ?)

寝る時の格好なんて、初めて聞かれるだろう!

編集部:寝る時はどんな格好を…まさか、“ありのままでは!?(渾身のボケ)

May:あははは!そう、マリリン・モンローばりにシャネルの5番…。

編集部:(えっ!?)

May:…と言いたいところですが、あのモコモコのパジャマです。

編集部:あぁ…。

(みなさん、突っ込みは声を合わせて…せーの、普っ通〜!

恋愛事情はどうだろう?

編集部:好きな男の子のタイプは?(ダメ男にハマっちゃう、くらい言ってくれ…)

May
:私と考えが似ている人。夢だったり、何かに没頭することがあってそれに夢中になれる人。私も同じようなタイプなので、それを支えてくれる人。タイプというより理想ですかね?

編集部:(キレイだよ…キレイすぎるよ…もうインタビューが辛いよぉぉぉ(泣))

ハマっているものは?

編集部:歌以外で身近なものでも、これがなければ生きていけない、大好きってものはありますか?

May:私、飽きっぽいんですよ。だから、「これがない」とっていうものがなくて…。以前は“おかき”にハマっていたこともありましたが、もう飽きちゃいました。あんまり執着しないです、モノに。

編集部:座右の銘ってありますか?

May:歌手になってからは、“日進月歩”ですかね。日々進んでいけたら、この先も成長していけるという気持ちで…。

編集部: ストイックですね。

May
歌しか…ないですからね。自分を出すことが出来るのが。しゃべるのも苦手だし、別に得意なこともないので。だから、歌に全力投球というか、全部使っちゃうんですよね。

もう、分かったから(泣)May J. には歌しかないんでしょ!もう“意外な一面”なんて期待しないからっっ(号泣)

どうやら本当に『歌』以外のものには執着がない様子…。色々聞きましたが、やっぱり歌に行き着くようです…。もうこうなれば、とことん歌について語って頂きましょう。

彼女にとって昨年の『Let It Go』という楽曲との出会いは、その名を多くの人に知られるチャンスになりました。しかし、同時に音楽番組で歌う彼女は批判の的に。

『Let It Go ~ありのままで~』を歌い、感じたこと

編集部:その当時って色々言われたと思いますが、そういうのを知って凹んだりすることはありませんでしたか?

May
:(批判を)読んだりもしますし、世間にどういう風に思われているかも、知る必要があると思っていました。

それで、もっとこうしなきゃいけないとか、こういう風に歌わなきゃいけないとか自分の足りない部分が見えましたね。

乗り越えきれていない部分もありながらも、批判も受け止める必要があると思ったと語る彼女。次の新曲『Sparkle~輝きを信じて~』は、またもやディズニーのゲームのテーマソング。それを歌う今の心境についてもお聞きしました。

2度目のディズニーとのタッグの曲を歌う胸中は?

編集部: 今回の楽曲はディズニーとのタッグですが…。怖い気持ちとかは?

May:今はありませんね。アナ雪を歌わせてもらって、自分のことを知って頂く大きなきっかけをいただけたことに本当に感謝をしています。ただ、良いところの反面、そのイメージが強くなるほど今度はオリジナルを作るのが大変ですよね。

この先も、ずっと(Let It Go)を歌い続けたいと思っているし、いろいろな意見があるかもしれませんが、耐え続けるしかないと思っています。歌が好きで、その気持ちでずっと純粋に歌い続けていきたいですね。いつかそんな気持ちが伝われば…と。

歌い続けると決めて、今伝えたい気持ち

編集部:ご自身としては、この先どんな方向性で進んでいきたいですか?

May:デビュー当時はR&Bしかやらない。という感じで、それをすごく勿体ないなっておもっていました。一つの事しかやらないで、ほかの事も山ほどあるのに。

何もチャレンジしないまま、これが自分だって決めつけるのはすごく勿体ないと思ってからは、色んなことに挑戦し始めるようになったので。たぶんこれからは、色々な事にチャレンジしていきたいなって思います。

編集部:歌うことで一番伝えたい気持ちってありますか?

May
:歌うときに、その人の目を見て歌うようにしていて。歌詞を噛みしめながら、その世界観に入ってもらえたらと集中して歌っていますね。いっしょに悲しんだり、笑顔になって頂けたら嬉しいですし、その時々の感情を大切にしています。

最後に、リベンジ!

編集部:では最後に新曲にちなんで、最近スパークルしたことは?(最後くらい、1個くらい面白いことを言ってくれ…)

May
:最近、ツアーの移動日に京都でスタッフみんな揃ってバーベキューしました。みんな呼んで30人くらいで、水ふうせんとかも買って、水のかけあいっことかもしました!久々にはしゃいで、スパークルしました♥︎

編集部:あ、ありがとうございました〜!(完敗です)

出典avex

本当に…心底歌が好きだということがインタビューを通してわかりました。そんなMay J.さんのニューシングル「Sparkle」、聞いていると気持ちがふわりと楽しくなるこの曲は、夏にもぴったりな1枚です。

ぜひ聞いてみてください!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス