イギリスで行われたトライアスロンで、脳性麻痺を患っている8歳の少年ベイリー・マシュー君が完走しました。

出典 https://www.youtube.com

病気により手足が想う通りに動かず、歩行器なしでは歩くことも簡単ではありません。

トライアスロンにはベイリー君が自分から興味を持って参加することを決めたそうです。ベイリー君はお父さんと毎週一緒に走り、水泳の練習をしていたそうです。

出典 https://www.youtube.com

ベイリー君が完走した距離は、水泳100m、自転車走4km、マラソン1.3km。水泳は浮き輪を付け、しっかりと自分の力で泳いでいます。力強さを感じます。

出典 https://www.youtube.com

自転車走で補助輪に助けをかりながらも、自分の力でバランスをとり上手く自転車に乗っています。ベイリー君、すいすい進んでいきます。

出典 https://www.youtube.com

マラソンでは険しい道のりを、歩行器を使って一歩一歩懸命に走ります。このコースは道が険しいと有名で大人でも、簡単ではないコースだそうです。ベイリー君も必死です。



最後の20mにベイリー君の強い思いを感じることができます。ゴールの直前に歩行器から離れて、自分自身の足でゴールを目指す姿に、観客もみんな心を打たれ全員でベイリー君を応援しています。その声援に答えるかのように、転びながらもゴールに向かうベイリー君の姿を御覧ください。

出典 YouTube

ベイリー君のトライアスロンに挑戦したいという気持ちを無理だと決めつけず彼を支えたご両親、そして何より最後までやりぬいたベイリー君の姿に胸が打たれます。

人気の動画をもっと見よう!

この記事を書いたユーザー

Scramble編集部 このユーザーの他の記事を見る

読んで楽しめるプレイメディア。
笑える、驚く、感動する…あなたに問いかける記事を配信しています。
あなたに発見がある記事がきっと見つかる。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス