記事提供:カラパイア

大統領の命を守るシークレットサービスのエージェントだからといって、映画ばりにアクション満載の日常を送っているわけではない。もちろん尾行や監視といった任務もあるが、大統領やその家族にはそれ以外の任務をエージェントに命ずる権限があるのだ。

中にはトイレ中に人目から隠すといった任務まである。シークレットサービスの中の人はいろいろ大変なようだ。

ここでシークレットサービスが実際に遂行した10の意外な任務を紹介しよう。

1. ブーツを探せ!

元アメリカ副大統領カルビン・クーリッジは、8名のエージェントに失くしたブーツの捜索を命じたことがある。これは後任のハーバート・フーヴァー第31代大統領の就任式直前のことだったようで、皆あやうく遅刻するところだった。

2. トレーニングに付き合え!

寡黙なカルとのニックネームで呼ばれた第13代大統領のカルビン・クーリッジだが、他にも変わった指令を下している。

彼はホワイトハウスの中にロデオのようなフィットネス機器を置いていたのだが、これを一緒にやるようシークレットサービスに命令していたそうだ。

3. 自分が描かれた絵画を確認してこい

ジョン・F・ケネディ元大統領は、ワシントン内のとあるギャラリーを訪れて、自分を題材とした絵画を見てくるようにエージェントに命じたらしい。その絵画とは、ケネディ元大統領が様々な女性と変わった性行為を行っているものだったそうだ。

これはギャラリーのオーナーが『ダーク・サイド・オブ・キャメロット』という本の中で暴露した話である。

4. スケープゴート

第38代大統領だったジェラルド・フォードは自分のおならをシークレットサービスのせいにした。そのときのセリフはこうだったらしい。「なんだ、今のは君かね?礼儀を知りたまえ!」

5. 都合の悪い写真を撮られないよう守れ

フランクリン・ルーズベルト元大統領は、自分の身体障害を隠し、身体の病気を軽く見せることに躍起になっていた。その結果、彼のシークレットサービスは、大統領がパパラッチから気に食わない写真を撮られないよう用心棒代わりを務めるようになった。

シークレットサービスに身体を支えられるなど、見られたくない場面を撮られた場合、エージェントはカメラを没収したり、事故に見せかけてカメラを壊すなどしていた。

6. 浮気を手伝え!

フランクリン・ルーズベルト、リンドン・ジョンソン、ジョン・F・ケネディといった歴代大統領は、愛人との密会時にシークレットサービスを使って妻を街に近づけないよう妨害していた。

こうした伝統があるのだから、クリントン元大統領も同じことをしていたはずだ。

7. 立ちションガード

ジョンソン元大統領は、立ち小便をする間、自分を人目から守るようエージェントに命じたことがある。だが、変わっているのはここではない。

なんと、彼はわざとエージェントのズボン目掛けて放尿したのだ。苦情を述べたエージェントに対して、大統領は悪びれもせず、「これが私の特権だよ」と返したらしい。

8. ガーデニング

セキュリティを阻害しない景観がどのようなものかは定かではない。

だが、ニクソン元大統領のシークレットサービス経費に庭の手入れ費用として年400万円が記載されていたとき、マスコミはこれに飛びつき、税金が大統領のチューリップ栽培に使われていると喧伝した。

9. 未成年の飲酒ほう助

未成年の飲酒ほう助は明らかにシークレットサービスの任務ではないが、2001年に行われたことはまさにこれだ。

ブッシュ元大統領の娘バーバラとジェナが、未成年でありながら偽造IDを使ってアルコール飲料を購入したとき、事態を察知したエージェントは逮捕される前に彼女たちを連れ去った。が、それも虚しく結局は出頭命令が下されている。

10. 鞄持ち

ジミー・カーター元大統領は、シークレットサービスにバッグを持つよう命じることが好きだった。不測の事態が発生したときに大統領の命を守れないとエージェントが苦情を述べたことで、カーター大統領はしぶしぶ諦めたらしい。

アメリカ合衆国シークレットサービスとは

主にアメリカ合衆国大統領の警護を行う執行機関で、現在特別捜査官(Special Agent)3,200人、制服部隊(Uniformed Division)1,300人、技術・管理部門2,000人からなる6,000人以上の職員を抱えている。

このうち、1922年にホワイトハウス警察隊として設立され、1930年のシークレットサービスへの完全統合で誕生した制服部隊は、ホワイトハウス一帯・副大統領官邸・財務省(ホワイトハウスの敷地内の部署)・ワシントンD.C.内の在外公館の安全を担っている。

シークレットサービスの大統領護衛部門の仕事はシフト制であり、2週間単位で昼勤、深夜勤、夜勤が入れ替わる。これが終わると2週間のトレーニング期間に入り、トレーニング期間が終了すればまた仕事に戻る形となっている。

警護中は食事を摂ることも、雨の中で傘をさすことも出来ないなど肉体的に過酷であり、だいたいは4、5年で限界が来るとされる。

シークレットサービスの捜査官と職員には、合衆国法典第18編2部203章3056条により以下の権限が認められている。

・銃火器の携行
・連邦法の下に発行された令状を遂行する
・身辺で違法行為を行ったもの・重罪を犯した者を令状無しで逮捕する
・シークレットサービスの管轄する法に反する者の逮捕を導く情報等の提供の依頼と報酬の付与
・本人確認書類の偽造・詐欺商法・架空証券の捜査
・法で認可されたその他の職務の遂行

出典:mentalfloss

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス