おうちでワインを愉しむ、おうちワインラヴァーの皆さんこんにちは。

「今日は帰ってワインを飲もう!」と決めた日、皆さんが手に取るワインはどの国のワインでしょうか。

王道のフランス?料理と合わせてイタリア?安旨なチリ?どの国のワインにしようか悩むのも、その日のワイン気分が盛り上がりますね。


「日本ワイン」を手にすることはありますか?実はここ数年、日本ワインがブームなんですよ!

「国産ワイン」は国産ぶどうを使用しなくても名乗れる。

現在人気急上昇中の「日本ワイン」。「国産ワイン」とは大きく異なります。


「国産ワイン」とは海外から輸入されたブドウやブドウ果汁及びワインを原料としたものでも良く、国内で醸造・ブレンド・瓶詰されたものでも国産ワインと名乗れます。

国産のブドウを使わなくてもいいのです。

「日本ワイン」は国産ブドウのみを使用し、日本国内で醸造・瓶詰されたもの

そもそも日本はワイン法が制定されていないのです。「酒税法」で規定されています。そんな中、日本のワインの品質を高めようとワイン製造者団体の民間の自主基準が定められました。

国産ブドウのみを使用し、日本国内で醸造・瓶詰されたものを「日本ワイン」と呼んでいます。

こんなに美味しかった!?今、日本ワインが熱い!

日本固有のワイン用ブドウで、一番覚えておきたい品種が「甲州」。

その香り・味わいは、これこそ昔ながらの良き日本らしいと言わんばかりのお淑やかさ。主張せず控えめな果実に優しい飲みごたえ。

着物を召して、三歩下がって、お料理と寄り添うような古風を感じます。

実は辛口から中甘口、樽使いなどタイプがいろいろ存在します。そして、ここでオススメの1本をご紹介します。それが「きいろ香」タイプ。

シャトー・メルシャン甲州「きいろ香」誕生10周年

出典 http://ameblo.jp

ボルドー大学とメルシャンの共同開発プロジェクトで開発された新しいスタイル。甲州の隠れた柑橘系の香りを引き出し、フレッシュな酸も「日本ワイン」だと忘れるほど。


かぼす、すだち、ライムのような柑橘系の香りがまさに和食にぴったり。とっても優しい口当たりで、酸味もミネラル感も刺すことはなく、身体にするりと流れていきます。

もう今夜は日本ワインで決まりですね。日本ワインには、やはり和食が絶妙に合います。和食にワインを、新たなワインライフは既に始まっています。


一杯の、一口のワインが、あなたの人生の素敵な出逢いになりますように。

日本ワイン検定ってご存知ですか??
JSAワイン検定講師・紀子です(笑)
※JSAワイン検定は
(一社)日本ソムリエ協会が主催している検定試験で、日本ワイン検定とは異なります。
数ヶ月前から「日本ワイン強化中です~」と言い放ってきてましたが

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス